角川コミックス・エース<br> 弁天ロックゆう。(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

角川コミックス・エース
弁天ロックゆう。(3)

  • 著者名:渡会けいじ【著者】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • KADOKAWA(2016/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041042793

ファイル: /

内容説明

“未完の曲”と関係があるらしきギタリスト少女・若矢杏子。杏子との出会いはいずみを刺激し、やがてノリコとの関係にも影響を及ぼし始める。それが“事件”へと発展する中、いずみはどんな音楽を“視”せる――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソラ

18
終わってしまった…。好きなテイストの話でありイラストだったのでもっと続いて欲しかった。まだまだ話として広がりそうだったのに残念。2017/01/22

あなほりふくろう

17
1巻「起」2巻「承」と盛り上げたのに、「転」をサラッと流して「結」に至ったかのような。センチメンタルぎゅんぎゅんで素敵一杯なクライマックスを迎えて心地よいはずなのに、ドラマとしては物足りなさ、勿体なさの残る終劇だった。きっと、いずみとノリコの繋がりを、杏子の屈託を(あと葛木一派との確執もw)もう少し見ていたかったんだろう。タヌキに説明させたところをドラマとして組み込んでいたら、もう一冊増えることになりそうだけど駆け足気味にならずに済んだかも。残念はあるけど良かったです、次作に期待。2016/06/11

サエズリ割津

5
完結ですか…。ギター少女の杏子との出会いやノリコとの対立を乗り越えていずみが大きく成長したこれから面白くなりそうなだけに少し残念。弁天さまの未完の曲に関する謎もわかってきれいには終わったのでそこだけはよかったですが。作者の次回作を楽しみにしつつ既刊を読みたいと思います2016/06/10

コリエル

4
完結。たぶん打ち切りなんだけど、話はきれいにまとまっている。誰かから受け継いだ曲だけれど、その完成形はいずみ自身が届けたい誰かに。前作より面白かったと思うんだけどな~ちょっと見切りが早すぎないかヤングエースよ。2016/06/25

文也

3
完結。迷って迷って、たどり着いたいずみ自身の世界。自分が誰かに届けたい想い。通じ合った二人は、それぞれの世界を歩いていく。うーむ、綺麗にまとまってるし、いい青春物語だったのだが、最後駆け足みたいになっちゃってて、もうちょっと落ち着いて読みたかったなあ……。ちょっと残念だけど、でも面白かった。タヌキ可愛いなw2016/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10902096

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす