新潮文庫nex<br> 創薬探偵から祝福を(新潮文庫nex)

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫nex
創薬探偵から祝福を(新潮文庫nex)

  • 著者名:喜多喜久【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 新潮社(2016/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101800547

ファイル: /

内容説明

創薬チーム、それは原因不明の難病奇病に苦しむ者の最後の望み。主治医からの依頼を受け、限られた時間内に病のメカニズムを解明、対応する新薬を創造して患者を助けるのが彼らの役割だ。調査担当の薬師寺千佳と化学合成の鬼才・遠藤宗史。ふたりは、数々の難題をクリアして得た成果で、ある女性を救おうとしているのだが――。化学×人間ドラマ。ミステリの新たな扉が開かれる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

110
喜多さんが実際にやっている創薬をメインにしたお話。こんな感じで仕事されているんだなぁ・・・。2017/08/21

takaC

88
作者が書きたかった分野らしいが、専門的な面が強すぎて素人には深入りできなかった。とりあえず読んだっていう感じ。2016/04/01

kishikan

73
いつの間にか喜多さんの読了本も10冊超え。最初は、化学ミステリという珍しい分野とラブコメの組み合わせに、お気楽に読めるのが気に入ったのだけど、本作は読み方によっては気が抜けない。創薬の話だし、化学反応や先端の再生医療の話も出てくるので、何度ググったことか。ips細胞が今後の医療にどう関わるかを、小説で考えさせてくれるなんて嬉しいね。5つの短編のシリーズだけど、キャストも個性があるし面白い。主人公達の創薬の最大の目標はまだ未達成なので、このシリーズがどう展開するのか楽しみだ。喜多さん、期待していますよ。 2016/03/21

七色一味

70
読破。真っ先にURT(超希少疾患特別治療)制度なるものが本当に存在するのか、検索してみました。まぁ実際URT制度ってのはないんですが希少疾患用医薬品・機器の指定制度ってのはあるんですなぁ。あと気になったのが「創薬」という言葉。創薬自体数限りない思考と実験とを繰り返す作業、Wikiさんによると十年単位の時間が必要っぽい。それをこうあっさりと創っちゃうところはいかにもフィクションですな。☆それとは別に…。日下さん意外、どうも感情移入できそうな登場人物がいないんだよねぇ。意外と千佳さん、面白みないと言うか…。2016/02/22

夜長月🌙新潮部♪

53
世界で一人っきりの難病の患者を救うために新医薬品を作り上げる。現役と製薬会社員である喜多氏の発想はいわば薬のオーダーメイドでありとてもユニークです。現実にも稀な疾患の医薬品開発をサポートする国の仕組みはあり開発費のおよそ半額を補助してくれます。また、ジェネリックが長期間出てこない仕組みになっています。一応、患者数が5万人以下であることが要件ですがおよそ1000人以下の超希少疾患にはさらに助成が手厚くなります。実際に数十人の患者さんのための薬を開発したこともありました。2017/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10009219

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。