双葉文庫<br> 東天の獅子 第一巻 天の巻・嘉納流柔術

個数:1
紙書籍版価格
¥815
  • 電子書籍
  • Reader

双葉文庫
東天の獅子 第一巻 天の巻・嘉納流柔術

  • 著者名:夢枕獏【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 双葉社(2016/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784575517064

ファイル: /

内容説明

明治になって衰退する柔術界に、新星のごとく「講道館流」が誕生した。提唱者は文武二道の達人、嘉納治五郎である。技のたゆまざる追究と人間教育への情熱によって、「姿三四郎」のモデルとされる志田(西郷)四郎ら「四天王」がめきめきと頭角を現す。若き気概に充ちた、闘う漢たちの壮大な物語が、いま幕を開ける。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

姉勤

40
明治維新後、古き無駄なものとして廃れようとした柔術を、柔道としてまとめ後世に残した男、嘉納治五郎の物語。虚弱の体を鍛えるため志した柔術だが、その面白さに魅了され数多の流派を学んでいく。以前は、講道館柔道以外の柔術を認めず排除していった偏見があったが、その逆で帝大講師の立場を使って、社会の公器として広めていった人物と改まった。そんなことより達人たちの格闘が大変面白い。2024/03/18

T2y@

25
夢枕獏の初読作。 嘉納治五郎と講道館の戦記、実に面白い。500ページ弱も一気に読み。 木村政彦とエリオグレーシー戦からの書き出しもニクい(笑)。 文士であり武道家、明治の進みゆく西洋化の中で、和魂を柔道として昇華させ、やがて世界に広めていく、これからの戦いぶりが早くも愉しみ。 志田(西郷)四郎のニヒルな描写もたまらない。2014/12/13

眠る山猫屋

18
まずは紹介編といったところか。実在の人物たちを描くという縛りが、いつもの獏さんの軽快さを奪っているものの、圧倒的な熱量は健在。嘉納治五郎という名前だけは知っていた人物像が、気持ちよく崩されていく。こんなに文武両道の男が存在したんだなぁ。そして治五郎門下の野獣のような男たち。一気読み必至。2015/10/16

ぶんぶん

16
【古本屋】す、凄い、嘉納治五郎の生き方に感動する。 消え去りゆく「柔術」それを淘汰して「柔道」を確立する治五郎、試合の在り方にも一工夫がある。 獏流・冶五郎伝、先ずは四天王の成り方たちから披露、凄まじい猛者ばかりだ。 しかし、嘉納治五郎が文武の才がある事の驚き、明治の時代がぐんと近くなって来た。 続いて2巻へ。2023/10/21

Syo

13
これまた面白い 作者も言ってるし2024/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8274814
  • ご注意事項