―<br> アウトロー・ワンダーランド 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン


アウトロー・ワンダーランド 1

  • ISBN:9784048659406

ファイル: /

内容説明

高福祉社会だった日本が弱者を救う意思を手放して、数十年。
路上生活者は激増。社会現象となっていた。
若きネットカフェ難民セイガクは、新手の路上生活者「アウトロー」と出会う。
天才スリ師、DQNハンター、元教祖……。
様々な職業のアウトローと共に、路上の世界ならではのクエストに挑むが――。
逞しく軽やかに生きるヤツらの痛快なエブリデイ・サバイバル!!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サエズリ割津

4
田中ロミオのノベルゲーム没企画の書籍化。諸般の事情で著者は変わるもなかなか面白かった。2020年から数十年後を舞台に、「アウトロー」と呼ばれる新たな形の路上生活者とある事件をきっかけに行動を共にすることになった主人公セイガクが路上ならではのクエストを仲間と共に解決していく話。6人の美少女が登場するところにゲームの残滓が見えるが、セーフティーネットとしての人身売買や、騙し騙されの路上の厳しさが描かれ話題自体は割と重め。たまたま力という謎の力でなんでもできる、元教祖の光子がキャラ的にはよかった。2016/05/06

鳥義賊

2
「0」で前日譚を書いた各キャラではなく、主人公はお兄さんだったのか。実際、ホームレスの世界も縄張りやらしきたりがうるさいらしいし、「貧困ビジネス」なんてのも存在しているし、市役所に生活保護を申請したら「風俗で働いたら」なんて言われるのが現実ですからねえ。このテーマに突っ込んでいくのは相当エネルギー使いそうですが、めげずに頑張って欲しいな。2016/07/15

盾原

0
田中ロミオのネームバリューにつられて読んでみた。 書いてるのはロミオではないがところどころにロミオ臭がただよってくる。 作品としてはホームレス(アウトロー)魂を感じさせる熱い作品だったと思う。続きが見たい。 波摘さんというライターは聞いたことがなかったが読みやすかった。 彼のほかの本もアマゾンで評価高いし買ってみようかな。2016/09/23

AstiN

0
思ったよりロミオ感あった。そして思ってたより重い…2016/06/16

さいだ

0
主にセイガクこと御宿青磁の視点で描かれるアウトローの世界。アウトローグループ「2.5次元」に所属することになったセイガクが、アウトローの世界に馴染むまでをいくつかの事件を交えて書かれている。裏で進行する陰謀や、複数の人々が入れ替わり立ち替わり活躍する群像劇は「デュラララ」に近いかな。2016/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10851137

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。