腐った翼 JAL65年の浮沈

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

腐った翼 JAL65年の浮沈

  • 著者名:森功【著】
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 講談社(2016/04発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062816717

ファイル: /

内容説明

国に守られ、政治家と癒着し、甘い汁を吸って世界に大きく羽ばたいた“国策”企業の内実は、デタラメ経営そのものだ。御巣鷹山事故が起きても打つ手なし。社員は派閥闘争に専心し、経営陣は巨額赤字をひた隠す。乗客のJAL離れは進み、2010年1月、とうとう2兆3000億円もの負債を抱えて倒産。その破産処理には、もちろん国民の血税が投入されている。59年間にわたる堕落ぶりを描いた、組織と人間のドキュメント!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゲオルギオ・ハーン

28
JALの設立から倒産とその後の迷走(2012年まで)を歴代の経営者とその周辺の権力闘争をポイントにまとめた一冊。著者はノンフィクション作家のため、人間模様やドキュメンタリー作品のような臨場感のある書き方が上手いと思いました。よく言われる労働組合の乱立っぷり、政治家たちの間で弄ばれた様子(但し、JALも莫大な公的資金や融資の融通をしてもらっているので被害者というわけではないと著者はこの見方に否定的)も丁寧に書かれているので通説で言われていることについてよく分かった。2021/06/05

緋莢

20
2010年1月、会社更生法の適用を申請し倒産、公的支援を受けて企業再生を目指す事になった日本航空(JAL)。「国策企業」として設立され 航空行政に守られた日本航空は、運輸省の天下りを受け入れ、政治家たちの接待を行ない、社内には派閥が乱立、それぞれが利益争いを繰り広げてきた。経営破たんまでの60年の軌跡から、その堕落ぷりを書く。2016/07/04

makimakimasa

8
為替や燃料のヘッジ取引による大失敗を、簿外債務として隠し通してきたツケが大きかった様だ。会長や社長がまともじゃなく、側近に殉死誓約書を書かせた人、告発文章や署名活動で退陣要求された人、それでも権力の座にしがみ付きクーデターを撥ね退けた人、とにかく社員の総スカンを食らって排斥運動に遭うパターン多過ぎ。謎の自殺者もいる。5万人を擁す大企業の派閥抗争に、9つの労働組合が入り乱れ、旧JAS社員は差別され、そこでもまた自殺者が出て…運輸族の亀井静香と古賀誠、個人筆頭株主の糸山英太郎など濃い面々も加わって泥沼の様相。2020/01/12

kazunokojapan

5
絡みすぎてこんがらがって、出世争いもクーデターも中途半端、銀行も政府も関わり方がイマイチで、亀井静香氏だけが儲けましたね。今はどうなってるのか、安全だけはおろそかにしないようにして欲しい。2016/07/06

Asaya

5
JALの倒産を追ったドキュメントは二冊目。JALが復活したと言われて久しいが、やっぱり倒産に至る過程を知ると憤りを感じる。大きくなり権力を持つとこうなるんだろうなあ。JALの致命傷は、有能な社長がいなかった、この一点なのかも知れない。果たしてこれから、JALは日本の空を代表する健全な航空会社になれるのか。2016/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10788680

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。