サーバントであれ ― 奉仕して導く、リーダーの生き方

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

サーバントであれ ― 奉仕して導く、リーダーの生き方


ファイル: /

内容説明

<p>組織人としての生きる道を、生涯にわたり探求しつづけた
『サーバントリーダーシップ』著者ロバート・グリーンリーフ小論集。</p><p>「引っ張るのではなく、支える。このシンプルなアイデアによってリーダーシップの意味合いは根本的に変わった。
経営者、ミドルマネジャー、さらにはもっと若い人たちにとっても、サーバントリーダー入門書である」
金井壽宏(神戸大学大学院経営学研究科 教授)</p><p>「この30年間で、ロバート・グリーンリーフほどリーダーシップの考え方に大きな影響を与えた人はいない」

ピーター・M・センゲ(『学習する組織』)</p><p>「この深く格調の高い新たな小論集には、ロバート・グリーンリーフの原点となる考え方が示されている」
ジョセフ・ジャウォースキー(『シンクロニシティ【増補改訂版】』)</p><p>■ロバート・グリーンリーフ:生涯にわたり仕事の仕方を観察しつづけた哲人
米最大手の通信会社AT&Tでマネジメント研究、リーダーシップ開発に従事したのち、
ハーバード大学、ダートマス大学、マサチューセッツ工科大学などで教鞭をとる。
66歳のとき、1970年に提唱した「サーバントリーダーシップ」は、経営者や政治家ら
各界のリーダーに絶大な影響を与え、現代リーダーシップの基本哲学と称される。</p><p>■サーバントリーダーとは?
「サーバントリーダーは、第一にサーバントである。はじめに、奉仕したいという気持ちが自然に湧き起こる。
次いで、意識的に行う選択によって、導きたいと強く望むようになる。奉仕できているかどうかを判断するには、
次のように問うのが最もよい。奉仕を受ける人たちが、人として成長しているか。奉仕を受けている間に、
より健康に、聡明に、自由に、自主的になり、みずからもサーバントになる可能性が高まっているか」(本文より)</p><p>■サーバントリーダーとしての生き方を情感込めて語る
はじめに――編集者ラリー・スピアーズ(サーバントリーダー10の特徴、グリーンリーフの人物像)
1 サーバント(サーバントリーダーシップ誕生の背景、社会への浸透、今後の展望)
2 教育と成熟(人としていかに成熟するかについて語った大学講演録)
3 リーダーシップの危機(次世代リーダーをいかに見出し、育てるか)
4 夢を先延ばししていないか(覚悟を持った青年時代の生き方)
5 老後について(常に未来に向けて思索し、備え、行動する)</p>