昨夜のカレー、明日のパン

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

昨夜のカレー、明日のパン

  • ISBN:9784344836112

ファイル: /

内容説明

テツコは夫・一樹を亡くしてから、一樹の父・ギフと暮らしている。血縁はないけれど「家族」として暮らす二人。テツコはその暮らしをとても居心地よく感じていた。しかし、テツコの恋人・岩井はテツコと結婚したがっているようで…。人気脚本家・木皿泉のデビュー小説を、漫画界の異才・渡辺ペコが瑞々しい筆致で描く!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

菜穂子

17
涙が込み上げるけれども、心は温かい(。-_-。)2016/06/23

ぐうぐう

17
木皿泉の小説をコミカライズした渡辺ペコの最新作。一樹の死のあと、妻であったテツコ、一樹の父、テツコの恋人・岩井、隣人・宝、いとこのトラオなどなど、それぞれの日常を優しいタッチで描いていく。登場人物達が、一樹の死に必要以上に引っ張られていないのは、一樹の死を受け止めることで、一樹の生をそこに感じ取っているからだろう。そんな前向きで、ほのぼのとしたムードが、渡辺ペコの作風ととてもマッチしている。(つづく)2016/02/11

薫子

14
ドラマチックな何かが起こる訳じゃなく、でも人が生きていく中での何かは確実に起きていて。そしてそこで、自分のペースでしっかりと足踏みしめて歩いてる、そんなお話だった。パン屋さんの美味しい食パン食べたいな。2016/03/13

緋莢

13
夫の一樹の死後も、夫の父・ギフと一緒に暮らすテツコ。血縁はないけれど、ギフとの暮らしを心地よく感じているテツコ。そんな中、恋人の岩井から「結婚しよう」と言われたテツコだったが、あまり乗り気になれなくて・・・2017/12/15

ごま

11
原作者も渡辺ペコさんも初読み。唐突に始まるお話にちょっとびっくり。そういう作りなのかペコさんの持ち味なのか?虎雄の話が1番良かった。ただ、やはり夫を失った女性が出てくる河内遙さんの作品を思い出してしまい、どっぷり感情移入したあちらに比べるとテツコと義父は私の傍に降りて来なくて遠い存在のまま読了。なんだろうな、惜しい感じ。原作も呼んでみようかな。2016/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10210404

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。