―<br> 幻想乙女のおかしな隠れ家 はじまりの一週間

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン


幻想乙女のおかしな隠れ家 はじまりの一週間

  • ISBN:9784047308985

ファイル: /

内容説明

しっかりもので面倒見が良い、お菓子が大好きな少女・アンジェ。陽気で明るく人懐っこいが、自分に自信がもてない見習い狩人の少年・ベルント。裕福な村長の家の娘で、ベルントの許婚の美少女・シンシア。たくさんのお友達と美味しいお菓子、キラキラした平和な毎日。そんな日々がずっとずっと続くと思っていたのです。あの日、吸血鬼に魅入られた村・『隠れ家村』で大量殺人が起きるまでは。「優しく美しい幻想に囚われた、哀れな吸血鬼と魔女と狩人の物語、ここに開幕。皆様どうか最後まで、ごゆるりとお楽しみくださいますように――」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう

2
原作のフリゲは未プレイ。表紙が好みだったので読んだのですが、前記談だったのですね。クロエのレクイエムの方だと知ったのもあとがきででした。ということは、アンジェの正体というか、彼女の物語はゲームで!ということでしょうかね…ゲームをしてからだときっと感慨深いのだろうなぁ…。魔女の家と同じく、輪郭がぼやけている分物語は面白かったけれど、感情移入は難しかったかな。2016/01/02

ななた*

1
視点が変わるだけで、見える世界が凄く違い、キャラクターの心境をしっかり捉えられて良かったです。また、魔女狩りや血に飢えた吸血鬼など生物の愚かな部分が鮮やかに描写されていて、独特の世界観を出しているところが魅力です。2016/07/03

ゆり

0
一章読んであまりタイプの書き方でなかったから読むのがしんどくてちょっと休憩、で他の読もうと思う2017/08/06

ゆうやけPC

0
物語の闇が深すぎて、読書途中でリタイヤしました2016/05/23

りんごりら

0
とても面白かったです。特に最後の話が泣けてました。たぶん小説で一番泣きました。2020/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10031922

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。