花とゆめコミックス<br> おちくぼ

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

花とゆめコミックス
おちくぼ

  • 著者名:山内直実【著】
  • 価格 ¥495(本体¥450)
  • 白泉社(2015/12発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784592214311

ファイル: /

内容説明

時は平安、京の都。中納言家の姫は生母が亡くなったのを機に、義母の北の方に引き取られるも、イビリの毎日!挙句、付けられた名前が「落窪(おちくぼ)の君」…。姫の乳兄弟・あこきは、そんな北の方のイジワルに怒り心頭!姫の玉の輿を計画し始めた矢先、都イチのプレイボーイ・藤原道頼が姫に興味を…!? 平安時代の名作「落窪物語」を、「なんジャパ」の山内直実がコミカルに描く、平安版シンデレラストーリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

52
再読。何度読んでも面白いからどうしよう?(; ̄Д ̄)?2019/06/28

瀧ながれ

46
『落窪物語』が大好きなので、このコミカライズは難しいだろうなあと思っていたのですが、キャラクターの存在感を強くして、少女まんがらしいアレンジを加えて、原典に忠実ながら読みやすい作品になっていて、とても嬉しいです。この1巻では、おちくぼが右近少将と対面する(対面かなぁ?)まで。この先の展開が楽しみになる描写ばかりです。少将のチャラ男具合と、書き下ろしもあった三郎君の将来楽しみな要領よさに注目。うつくしくいじらしい縫い物フェチの姫様が幸せになるまで、ちゃんと見届けますよ~♪2015/08/21

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

42
再読。2021/09/07

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

37
継母怖い(´д`|||)2018/03/20

さら

37
『落窪物語』は何度も読んでいる大好きな作品の一つ。漫画になっているのを見つけ、早速読了。古典の美意識のイメージでいくと、今風にアレンジしてある山内さんの画にギャップを感じましたが、直に慣れていくのでしょうね。左近の少将=チャラ男、に笑ってしまいました。2015/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9787888

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。