ビッグコミックス<br> らせんの迷宮ー遺伝子捜査ー(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

ビッグコミックス
らせんの迷宮ー遺伝子捜査ー(2)

  • ISBN:9784091873521

ファイル: /

内容説明

ただの堅物か、はたまた天才科学者か。数億桁の遺伝子配列を記憶するという男・神保仁が、熱血刑事の安堂源次、科捜研の美女・乱原蘭を相棒に未解決事件のパズルを解き明かす――!!

遺伝子科学は、もはや刑事の勘と経験を超えているのか。驚きの現代犯罪捜査の内側に迫る、ビッグコミック増刊号人気連載作品、第2集!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らなん

9
凄く凄く面白かった。DNA専門の法医学準教授が、捜査に手伝い事件を解決に導く連作短編集。遺伝子や、血液、体質など興味深い話ばっかりだった。なのに、2015年出版の2巻までしか出てない。もっと読みたいのに。2020/04/25

十六夜(いざよい)

9
遺伝子のスペシャリストが事件を解決する遺伝子捜査シリーズ2巻。お酒の強さを決める遺伝子の話や、加害者と被害者の入れ替わり…話としては結構楽しめた。子供の血液型を調べられない様に自分の子供を井戸に突き落としたお母さんの話が衝撃的。何故そんな鬼のような所業が出来るのか理解不能だった。冷静な神保と、熱血漢な安堂との対比もなかなかイイ。2019/02/05

冷や中

7
今巻は8案件。case12には家政婦のピン子さん!?ちっくなお方登場したりしてww 前巻にはちらとしか登場しなかった科捜研もたくさん登場。なんと!CASE14のつぎがLAST CASE となっていて、すごくおもしろいのにとても残念です。これを機に新刊出しませんかー? 2021/07/05

かなっち

3
これで終わっちゃうのが寂しいですね。もっと、この2人のバディが見たかったです。さて、2巻は自分勝手な犯人ばかりで、胸が悪くなりました。でもお酒の話では、それってアルハラじゃ…と思ったら、犯人に同情したり…。そして、子供を井戸に落とした母親の話では、まさかのどんでん返しに、助かって良かったとホッとしたり。…遺伝子操作の奥深さが堪能できて、面白いシリーズでした。2020/07/16

白雨

0
1話完結型で読みやすく、遺伝子によって暴かれる真実にあっと言わされます。 面白い作品なのに、これで終わりなのが悲しいです。是非続いて欲しいと思います。2021/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9871721

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす