ガガガ文庫<br> だがしかし もうひとつの夏休み

個数:1
紙書籍版価格 ¥631
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
だがしかし もうひとつの夏休み

  • ISBN:9784094515855

ファイル: /

内容説明

大人気駄菓子漫画をノベライズ!

 ここは、とある田舎町。特に観光地があるわけでもなく人口も少ないこの辺境の地に、都会からひとりの少女がやって来た。その子は大手菓子会社の社長令嬢で、胸が大きくて、そして、駄菓子マニア……。駄菓子屋の息子ココノツと、駄菓子大好き美少女ほたるが織りなす「おかし」な夏休み。うまい棒、ブタメン、ポテトフライにフエラムネ……などなど、おなじみの駄菓子をネタに繰り広げられる新感覚駄菓子コメディー! ブタメンを博多流バリカタで! 魚沼産特A級ランクのコシヒカリに合う駄菓子とは? デッドストックのプレミア付きプラモで一攫千金!? 今年の夏は、いつもと違う予感……。

 アニメ化も決定した、少年サンデー連載中の大人気駄菓子漫画『だがしかし』を、『這いよれ!ニャル子さん』『出番ですよ!カグヤさま』の逢空万太がオリジナルストーリーでノベライズ!

 TVアニメ『だがしかし』は、2016年1月よりTBS、BS-TBSにて放送開始予定!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

流言

46
おいしく読んで満足できる、いい意味で駄菓子のようなノベライズ。神視点である漫画と違って、コノノツやサヤ師の視点から物語を見る感覚が原作漫画と比較しても新鮮だった。ココノツはおっぱいばっかり見ているんだな。高校生だからね、当たり前だよね。コミックだとなんとなくわかっている気がしている駄菓子も、文章で書かれるとよく考えたら食べたことなかったわ……とようやく気づいてしまうのもびっくりした。ブタメンって食べたことなかったんだけど、70円でこのクオリティは凄そう。一度食べてみたい。2016/01/30

Yobata

32
駄菓子漫画の「だがしかし」のノベライズ。ノベライズ化はニャル子さんの逢空万太さんが執筆。11話の短編で一つの駄菓子を中心とした一話ではなく、ココノツ達がおくる夏休みの一シーンを一話にした短編集で、ほたるの駄菓子に対する天衣無縫っぷりなど「だがしかし」の空気感はしっかり出てたね。さや師の視点の話もあり、ココノツやほたるに対しどう思っているかなどさや師の心の中なども詳細に描かれてて良かった。でもココノツが若干本作よりエロに寄りすぎかな?しかし一番はやはり駄菓子漫画なのにエロスなほたるの画がないのが惜しいなw2015/12/17

END

24
新しい駄菓子の紹介が少ないのと、画がないから懐かしいという気持ちが沸き上がりづらいのが難点。後、何故に「ゴリゴリ君」?でも、ノリとしては漫画と同じ感じたったかな。水鉄砲のくだりが一番楽しかった♪小学生の頃、駄菓子屋で買った水鉄砲で戦争とかやって、ビショビショになって家で怒られたりね。そういう遊びもゲームとかとはまた違った面白さがあるんだけどな。小説を読んでサヤ師が一番好きになった。後、胸が大きければな。胸が大きければな。大事なことなので2回言いました。2016/02/08

イーダ

24
まさかのノベライズ。作者との相性が良いのか腕が良いのか。多分両方なんでしょうけど、全く違和感無く読めました。絵が無いぶんほたるさんの残念さとサヤ師のかわいさが際立っています。2016/01/08

わたー

23
★★★★★面白かった。逢空万太先生初のノベライズはアニメ放送も決定している「だがしかし」。本編の補完や駄菓子ネタなど、原作のよさを最大限に活かしつつ、万太先生の味であるパロディやライダーネタをいれてある内容で、どちらのファンにとっても満足のいくものになっているのではないだろうか。特にお気に入りの話は、水鉄砲回だろうか。サヤ師の覚醒がツボ。ただ、挿絵が少な目なのが残念かな。ノベライズの2巻がでるならぜひとも読みたい。2015/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9985616

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。