GA文庫<br> 東京異界のバリスタ

個数:1
紙書籍版価格
¥671
  • 電子書籍
  • Reader

GA文庫
東京異界のバリスタ

  • ISBN:9784797385397

ファイル: /

内容説明

異界化した東京で営業を続ける珈琲専門店≪ストラーダ≫を舞台に、初恋の少女を探し続ける少年と、記憶喪失の少女が、大切な記憶を取り戻すため“印”を集めて戦う異能ファンタジー。
異界と化し隔離された東京で珈琲係として働く燈志郎の元を、フリッカと名乗る記憶喪失の少女が訪れた。

「兄のクリスを捜して。何でも解決してくれるんでしょ?」

燈志郎はもう一つの顔、何でも屋として少女の依頼を受ける。
捜し続ける初恋の人フリウと同じ顔のフリッカが何者か突き止めるために――

燈志郎は、唯一の手掛かり・クリスへと迫るが、その過程で異界誕生の真相とフリッカに課された宿命を知る。

「異界と一緒にフリッカも消える? ――俺はもう何も失いたくないんだ!!」

少年は失ったモノと少女の記憶を取り戻すため、全ての元凶という魔法使いが待つ異界中心へと向う……。
異界・喫茶ファンタジーの開幕!!

※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

32
三年前に異世界に繋がり魔法使いが跋扈する「東京異界」。珈琲専門店「ストラーダ」で何でも屋を兼業するバリスタの燈志郎が、探していた少女と瓜二つなフリッカと出会う物語。兄を探していると依頼を持ち込んで、住み込みで働くことになった少女・フリッカ。可愛いけれどどこか感情に乏しい醒めたフリッカが、燈志郎たちと過ごすうちに少しずついろいろなものを取り戻し、そんな彼女に燈志郎も惹かれてゆくストーリーはとても良かったですね。まだ明かされないままの謎も残っていて、今後の展開にも期待できそうですし、次巻も楽しみにしています。2015/12/12

ナカショー

23
うん、面白かった!記憶をなくしたヒロインが主人公と触れ合っていくにつれて、少しずつ記憶を取り戻していくのは読んでてとても良かったですね。次巻も楽しみです。2016/04/14

真白優樹

17
異世界と化した東京で初恋の少女を探す少年がそっくりな少女と出会い始まる物語。・・・東京が丸ごと異世界と化してたり意外と殺伐としているのにこうほのぼのというか穏やかな空気感を感じるのは何故だろうか、喫茶店が舞台だからだろうか。そんな感じでバトル等もありながらどこか穏やかな空気と珈琲の香りが漂う純愛?ラブコメであり、好感が持てる主人公や個性的すぎる仲間達と相まって割と肩の力を抜いて楽しめる物語になっているのではないかと感じる。まだ明かされていない部分も今後の展開も楽しみである。 次巻も楽しみである。2015/12/16

ツバサ

16
初恋のフリウを一途に想い続けて3年、再会したのは記憶喪失のフリッカだった。中々面白かった、主人公の燈志朗がヒロイン以外に目が向かないのは珍しいから良かった。だけど、チョロい双葉ちゃんにも目を向けても…… 色々あって記憶や感情を亡くしたフリッカが燈志朗とデートしたり、自分のピンチに燈志朗に助けられて徐々に感情を取り戻してデレていくのはニヤニヤする。最後に記憶を取り戻す方法を知ってこれからどう動くのか、記憶を取り戻したらフリッカはどうなるのか。続きが楽しみ。2015/12/30

サキイカスルメ

16
ヒロイン一強いいと思います。初恋の女の子を東京が異界になってしまった後に失い探し続けている燈志郎と、初恋の女の子に見た目はソックリなのに性格は全く違うフリッカのお話。殺伐としながらほのぼのともしてて好きな雰囲気です。フリッカと燈志郎のデートの場面が好きでしたね。作り笑いしかできなかったフリッカの本当の笑顔に驚く燈志郎とか王道でよいです。ダメ店長や常連情報屋さん、チョロインな双葉もよかった。何でも屋編な続きも楽しみです。2015/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9924055
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす