文春新書<br> 人声天語 〈1〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,015
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
人声天語 〈1〉

  • 著者名:坪内祐三
  • 価格 ¥1,000(本体¥926)
  • 文藝春秋(2015/11発売)
  • Kinoppy年末大感謝祭 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~12/17)
  • ポイント 270pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「天声」にはパブリックなイメージがあり、ある種の客観をよそおっている。それに対して「人声」はプライベートであり、あくまで個人的な声。だから「人声天語」とは、要するに、反射神経による思考(発言)のことである。
 2003(平成15)年から、2008(平成20)年にかけて起きた様々な事象の、おかしさ、うさんくささ、不思議さを、紋切り型ではない「人声」でとらえた世相コラム集。

収録された主な出来事は――
ネット心中/自衛隊イラク派遣議論/「週刊文春」出版差し止め問題/イラク日本人人質事件/国民年金未払い問題/佐世保小六女子殺人事件/ギリシア五輪/プロ野球リーグ再編問題/靖国問題/ライブドア事件/秋田小学生殺害事件/昭和天皇「富田メモ」報道/ハンカチ王子ブーム/朝青龍問題/安倍総理辞任/時津風部屋暴行死事件/「大阪名物くいだおれ」閉店/秋葉原通り魔事件/地下鉄副都心線開通 など

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす