朝日コミックス<br> 伊藤潤二自選傑作集

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

朝日コミックス
伊藤潤二自選傑作集

  • 著者名:伊藤潤二【著者】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 朝日新聞出版(2015/11発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784022141835

ファイル: /

内容説明

厳選したお気に入りの読み切り9編を収録した自選傑作集。各作品の創作秘話的な解説と執筆当時のアイデアノートから抜粋したメモやラフも収録。さらに描き下ろしの新作ショートストーリーも収録。伊藤潤二ファン必携の一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

59
自選という事で、どれもこれも著者の魅力を存分に感じる事の出来る作品ばかり。ただ名作揃いのせいか既読も多かった。ただ二読三読に存分に耐える事の出来るばかりか、読む度に新しい発見があるものばかり。名作中の名作「首吊り気球」や収録作の中では一番怖い「長い夢」等は何度読んでも怖気が震うし、未読だった「寒気」や「ご先祖様」はひたすら気持ちが悪いし、富江はやはり美しい。こう傑作を読み直してみると、意外とシュールな作品が多いことに気付かされるな。新作がなかなか出ず遠ざかっていた著者だが、もう一度読み直してみたくなった。2015/10/20

keroppi

49
「伊藤潤二研究」を読んだら、伊藤潤二の作品を読まずにいられなくなった。出張先でこの本を見つけ、移動中に読んでしまった。アニメ化された作品も多く、アニメと比較しながら読んでいた。斬新な発想、圧倒的な筆力。この異様な世界に引きずり込まれてしまう。作品ごとの自作解説も興味深い。もっともっと伊藤潤二作品読んでみたい。2018/05/22

ともかず

44
伊藤潤二の作品をじっくり読むのはこれが初めてだけど、どの話も練られた怖さがあって面白い。よくある恨み一辺倒のホラーものになってなくて、理不尽だけど不気味なドキドキハラハラがあって良い。「淵」シリーズは癖になるので他の話もあれば読んで見たいと思った笑。「トミエ」シリーズは他にもあるとのことなので、読んでみたいです!やっぱホラーものには映える美女が大事だと改めて実感した笑。また自選集ということもあり、各話について、作者の解説とアイデアノートが掲載されており、二度楽しめて良かった。2017/09/01

澤水月

35
穴だらけの寒気あり嬉しい。首吊り気球、発想も話も絵も素晴らしすぎ。著者メモ話変わる過程面白いが全てじゃないと思う、ルドン・牡丹灯籠や吉備津の釜、ゾンビ…?ご先祖様の解説見るとホラー好きなら有名なもの知らないようだし独自発想型?!なぜか富江は余り好きでないがオリジンはいい。男たちが魅入られ殺す…最近大騒ぎの嘱託殺人を…。長い夢。深刻な顔で「8年間トイレを我慢する辛さがわかりますか?」!未だに独特の顔した女に「ファッションモデルだ!」と言い仲間内で通じる。親に隠れ固定電話で男と話し夜抜け出す…作品全く古びない2015/10/08

ベル@bell-zou

19
すごい。なんだろうこの妄想力。そしてそれを描いてしまう創造力。アニメ『コレクション』で筋は知っているものもあったけれど原作でしか味わえない粘りつくような恐ろしさに笑うのだ。穴が開くとどうなる?という『寒気』、なぜそうなるのか全くわからない不条理の極み『首吊り気球』、小松左京「ゴルディアスの結び目」をふと思い出したSF『長い夢』が特に面白かった。2021/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9862255

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす