ハーレクイン<br> ブロンドは復讐の色

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
ブロンドは復讐の色

  • ISBN:9784596002549

ファイル: /

内容説明

彼女は復讐を誓った。名前を変え、髪の色を変え、別人に変身して……。■ペニーは、警備会社の社長アダムの母親の付添人に採用され、バカンスに同行して身の回りの世話をすることになった。以前ペニーは、アダムの会社で働いていたが、産業スパイの濡れ衣を着せられ、会社を解雇されたうえ、裁判で有罪となり、刑務所に送られた。出所後、ペニーは復讐を誓った。まったく別の女性に変身して。アダムは、昔の地味で野暮ったいアレックスと、洗練されて自信に満ちた今のペニーを結びつけはしないだろう。しかし、ペニーはとまどっていた。アダムは彼女に興味を示し、ペニーも、自分を地獄に突き落としたはずの男に気持ちが揺れていた。ペニーはアダムの母親とセントルシア島に飛んだが、そこに突然、アダムが現れる。休暇など取ったことのない彼が、いったいなぜ? とうとう私の正体に気づいたの?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

akiyuki_1717

1
最後はハッピーエンドのハーレクインでもこれは強引ではないの?ヒーローに汚名を着せられて告訴までされ、有罪を受けて刑務所にも入り、そのショックで母親が心臓麻痺でなくなってるのに、再会するなりすぐに肉体的に惹かれ、一週間で精神的にも惹かれるって、復讐しなきゃいけない程にはヒーローを恨んでいなかったのでは?プロポーズされて二人の関係が崩れるのが嫌だからって、母親の死因も告げないでおこうとするのも腑に落ちない。なのにヒロインが無実だと知ってからプロポーズしたと腹を立てて婚約を破棄したり、言動が一貫してないのよね。2016/10/24

くろうさぎ

0
犯人がわかったにもかかわらず逃げられてるのがどうにも許せないかも・・・。2013/02/21

こえん

0
かつて産業スパイの汚名を着せられたヒロインと、企業秘密を売られ損害を被った警備会社社長のヒーロー。スパイ容疑や裁判や服役について釈然としないことがてんこ盛りなので、それがちょっと。ヒロインが何をどうしたかったのかすごくナゾだったのもね。ヒロイン元婚約者のダメ加減もすごかったけど、何がすごいって産業スパイ事件から数ヶ月しか経ってない時点のお話だってことかも。2010/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/411838

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。