四谷区花園町

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,026
  • Kinoppy
  • Reader

四谷区花園町

  • 著者名:高浜寛【著】
  • 価格 ¥1,026(本体¥933)
  • 竹書房(2015/10発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784812497494

ファイル: /

内容説明

「1回の人生やけん、好きな人と楽しく生きたら良かと思わん?」太平洋戦争前夜。新宿の片隅に咲いた、小さな、小さな恋の花。昭和初期の花園町。風俗雑誌「性ノ扉」のライター三宅至心は、取材先のデッサン教室でモデルをしていた混血の娘、アキと出会う。やがて恋が芽生え、慎ましくも賑やかな二人の生活が始まっていくが…。世界でその才能を認められた孤高の叙情派作家・高浜寛が新境地を切り拓いた初の連載作品。表現する喜び、信念をつらぬく厳しさ、誰かとめぐり逢う奇跡、愛しぬくことの尊さこれは魂の物語です。――こうの史代(漫画家)素晴らしい青春漫画の王道だ!“エロ”はどんな時代にも生きる勇気を与えてくれる。映画にしたいと思った。――行定勲(映画監督)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kazmimagica

10
四ッ谷駅近くの事務所で仕事していた時、書店の片隅で本書に巡りあった。極めて猥雑な描写の中に、描かれる男女の機微、あふれでる気品、そして優しさと儚さ。同じ空間で生活していたことで得られたであろうデジャブ的な親近感。そして…高浜寛という稀有な作家と出会えた偶然に感謝。2014/08/26

ビッチュウ

8
面白かった。大正末期のエロ雑誌の編集が戦争に傾いていく時代の中で出会う恋愛物語。前半のコミカルな場面から次第に戦況と共に展開もシリアスに重くなります。しかし、それでも妙に魅力在る登場人物もあり、楽しめました。編集長の少し間抜けなところと、仲間から非難されながらも主義より家族を取り生活する姿等から思いが募ります。全体としてすんなりと物語が進行し、大正日本の街並みも良かったです。紹介文の帯に漫画家・こうの氏の推薦に惹かれ手を取りましたが、良い出会いでした。2015/07/18

kyawo

7
話としては エロ路線が真ん中にあるのだが、表現の自由がだんだん規制され、世界がきな臭くなるあたり 今の情勢とどうしてもかぶらせてしまう自分がいる。しかしそれでも人は人を愛し生きていく と 頭では分かっていても 今の流れは容認しがたい。作者もその当たりに警鐘を と思っているのだろうか・・・2014/01/25

チョビ

6
大正〜昭和初期の、今の新宿2丁目界隈に住む20代前半の風俗ライターの取材日記みたいな感じでしょうか?知的エロさ炸裂。とんまつりに出かけたりエロデッサン会に出かけたりするわけですが、いちいち人間ドラマが深く軽く描かれていて、著者のバランス感覚の良さに恐縮・:*+.\(( °ω° ))/.:+。JKお嬢の「エロは学問的探究心」「自分が傷つくのはいや」というセリフは「賢明」な現代人のように思う。そこに早く気付くべきだった( ;∀;)2017/03/25

Susumu Kobayashi

4
戦前のこと、熊本の三男坊三宅至心(よしむね)は東京に出て来て、エロ雑誌ライターとなり、同郷の混血女性と知り合いになり、ついには同棲するに至るが……。エピローグでは現代日本になり、彼らの孫娘とその交際相手の話になる。なかなか味のある作品だった。2020/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7414637

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。