創元SF文庫<br> プリズムの瞳

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,078
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

創元SF文庫
プリズムの瞳

  • 著者名:菅浩江【著】
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • 東京創元社(2015/09発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488724023

ファイル: /

内容説明

かつてはロボット研究が生み出した最先端機種として、期待を集めていた人型ロボット〈ピイ・シリーズ〉。しかし、現在ではその役割を終え、絵を描くだけの無用の〈残存種(レリクト)〉と呼ばれ、各地を放浪していた。恋人との仲に悩む女性、周囲にとけ込めない中年男性、人生を踏み外しかけた青年――ピイと出会った人々は、姿だけを人と同じくするロボットの瞳に何を見いだすのか。感情を持たないピイ、その傍に寄り添う歳をとらない少女。かれらとの対話を通して揺らぐ人々のこころを柔らかに描き出す、すぐそこの未来の、希望と祈りに満ちたSF連作短編集。/解説=三村美衣

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっちゃんondrums

24
久しぶりの菅浩江、女性らしいSFと言ってよいのか、人の心の闇や残酷さを描きながらも、残るのは柔らかく優しい印象だ。役割を終え放浪する人型ロボットに映し出されるのは、人間の姿、人の心なのだ。ロボットはそこにいるだけだが、人型であるからこそ、私たちはそれらに感情を動かされてしまう。気づきのある作品だった。2018/08/02

芙蓉

10
ああ、いいお話だ。少しさきの、未来のお話。最先端技術を用いて作られた人型のロボット、プロフェッショナルの頭文字を取って「ピイ・シリーズ」たち。しかし現在は絵を描くだけの無用の存在として扱われ、邪険にされていた。ピイたちはただそこにいて絵を描くだけなのに周りの人間たち―ピイと出会った人たち―がロボットに何を求めるのか。ブリッジストーリーには最後の最後で騙されてしまいました。「シュガー・ピンク」がお気に入り2016/07/30

ばななな

9
ロボットの存在意義ってなんなのだろう。 アイボが大人気な現在。人と繋がること、人がロボットに対して感情を抱くこと。 何か役にたつことではないもの、ペットボトルだったり、レンタルなにもしない人だったり…まとまらない思考。 でも、読んでよかった。美しくて少し寂しいお話。2020/02/22

CACHUMIN

7
人がロボットを機械と割り切って接することができないのはしょうがないのかね。人形にもぬいぐるみにもヒトを投影してしまう。ましてや人型となるとなおさら愛したり憎んだりしてしまうのかな。2015/12/03

浅木原

6
絵を描くだけの無用の存在と化した人型ロボットに関わる人々を描いたロボットSF連作。最初の話から、ちょっとミステリ風味の寓話的ハートウォーミングSFかな、と思って読み進めていくと、なんかハートフルっぽい外枠のままにだんだん話がどす黒くなっていく。無垢な存在が周囲に影響を与えていく話となると普通はみんないい人になっていく話のはずなのに、この作品のピィ・シリーズはむしろ人間の悪意や醜さを映し出す鏡として作用してて、それがハートフル寓話っぽい雰囲気のまま語られるので非常に読んでて落ち着かない気分になる。いやはや。2015/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9790426

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。