新潮新書<br> 寂しさの力

個数:1
紙書籍版価格
¥770
  • 電子書籍
  • Reader

新潮新書
寂しさの力

  • 著者名:中森明夫【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 新潮社(2015/09発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106106118

ファイル: /

内容説明

人間のもっとも強い力は「さみしさ」だ。スティーブ・ジョブズ、ウォルト・ディズニー、坂本龍馬、山口百恵や酒井法子……世界を変える偉人やスターは、みんな猛烈なさみしさの持ち主だった。彼らは精神的「飢え」をいかにして生きる力に変えていったのか。自身の喪失体験をもさらけ出して人生の原動力を示した筆者の新境地。さみしくても大丈夫、ではない。さみしいから、大丈夫! なのだ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あちゃくん

87
精神的にハングリーな(満たされていない)状態が寂しさで、それが人間を動かす最も大きな力だと、様々な有名人のエピソードを元に、著者は説きます。この本を読んで、この本の中に書かれていることではないけれど、昨今のネトウヨ等の台頭は、この寂しさの力が影響しているのかなと思ったし、だからこそ強力なのかなとも思いました。2015/04/23

ゴールデンカム寺

59
中森明夫にはアイドルの評論家でサブカルチャーの作家という印象しかなかったので、こういう本が出たのは意外な感じだった。「さみしい」という感情をキーワードにした人間論。半自叙伝でもあり、さみしい偉人・芸能人列伝でもある。坂本龍馬がさみしいというのは少し違う様な気もするが、酒井法子やパク・ヨンハの話は実話でもあり切なかった。そしてやはり終章が素晴らしい。元々この本は亡くなったお母さんの為に書いたものだという、その思い出話が堪らなかった。読了後、泣いてしまった。私もさみしい。少し肯定して貰えた気分だ。2015/05/31

detu

40
奇しくも最終章で、2011年3月11日のくだりが語られていた。究極の選択の前にあなたは誰を思う?著者は寂しさ孤独こそが愛と創造の元だと。ウォルト・ディズニー然り、スティーブ・ジョブズ然りと。かく言う自分も孤独や寂しさには割りとなれている方だと思っているけど、凡人のままだし、時々、心は風邪を引く。大なり小なり誰にだってあることだ。引き合いに出てきた人物像は面白いと思った。2016/03/12

harass

39
読友のレビュと懐かしい著者名が気になり購入。恐ろしいほどに軽く読めました。うーん。散漫とした印象。いくつか触れられているアイドル論に絞ったほうがよかったのでは。なにかもやもやした感じがあります。通勤時間で読み終えるのを目指した今時の新書なのでしょうか。2015/11/29

ヒデミン@もも

34
懐しいに中森明夫さん。三重県のご出身だとか。親の亡くなった年齢を超えるまで気持ちが不安定になるのはわかります。みんな、さみしい。2016/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9459963
  • ご注意事項