これならわかる コーポレートガバナンスの教科書

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

これならわかる コーポレートガバナンスの教科書

  • 著者名:松田千恵子【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 日経BP(2015/08発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822279240

ファイル: /

内容説明

「コーポレートガバナンスとは、トップを交代させること」。著者は、コーポレートガバナンスをこう定義します。コーポレートガバナンス改革元年ともいわれる2015年。スチュワードシップ・コードの制定に次ぎ、コーポレート・ガバナンスコードが制定され、社外取締役の実質的義務化も行われるなど、安倍政権の成長戦略の目玉のひとつとなっています。

しかし、コーポレートガバナンスは仕組みをつくるだけでは機能しません。実効性のある運用を行うためには、コーポレートガバナンスの本質の理解がとても重要になってきます。

本書では、コーポレートガバナンスにかかわる実務を担うビジネスパーソンの方々に、コーポレートガバナンスとはなにか、なぜ今、企業のガバナンスが重要とされているのかについて、わかりやすく解説します。

さらに、コーポレートガバナンスについての理解が必要になる背景には、海外も含めた子会社管理など、日本企業にグループ経営の視点を含めた、マネジメントの変革が求められていることがあります。グループ経営の現場で、担当者が抱えている悩みや課題は大きくなっています。本書は、こういった現場の悩みにもこたえる実践書になっています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

miohaha

5
上司から借りたお仕事本。モヤモヤしていたことをスッキリ、ズバッと書いていて、読んでわかりやすく、実践につながる良著です。2017/12/23

Haruka Fukuhara

5
なかなか興味深い本でした。教科書と銘打ちつつ結構独自色もあったような。2017/07/12

yasu7777

5
★★★★☆ 今更聞けない内容が、わかりやすく解説されています。かといって易きには走っていません。読めば読むほど味が出てくる好著です。2016/07/20

hit

4
2回読んだ。よく出来ている。Amazonで☆一つの人がいたが、何か見損なっているのではないか?データや引用が少ないが、いろいろ読んでいる中でも秀逸だと感じた(易しく書いているが、結構深い)。たまに日経に投稿しているが、著者には続編を期待したい。2016/03/22

fred5963

4
コーポレートガバナンス(CG)の本質を平易に説く良書。CGは黒船的外圧で面倒なペーパーワークだと思っている(?)経営者、従業員向け。CG「対応」ではなくて、それを用いた自社企業価値向上に活用せよと力説している。歴史を顧みれば投資論理の行き過ぎた形で短期的な投資メリットを狙ったグリーンメーラーの時代もあったが、今では英国生まれのStewardship Codeが機関投資家の行動を律し始めている。脱線するが銃規制が論議されるたびにメーカーの株価が上がるような社会はやはりどこかガバナンスがまずいのだろう。2016/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9811406

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。