Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版(日経BP Next ICT選書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,970
  • Kinoppy
  • Reader

Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版(日経BP Next ICT選書)

  • ISBN:9784822277376

ファイル: /

内容説明

最新AWSサービス対応
新時代のアーキテクトを創る
Amazonクラウドのノウハウをこの1冊に凝縮

 本書は、クラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」を使って
システムを構築するための設計パターンを集めた実務書です。
改訂版では、最新のAWSに対応した57パターンを収録しています。
例えば、スケーラビリティーを活かすための設計やシステム全体で耐障害性を高める設計、
コストメリットを考慮した設計など、クラウド特有のメリットを活かした設計を支援します。

 クラウドでの典型的な問題とそれに対する解決策をこの1冊に凝縮。
クラウドで何ができるか知りたいといった初心者から、
これからの新時代を切り拓くITアーキテクトの方まで、幅広くお役立ていただける1冊です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MATSUDA, Shougo

3
パブリッククラウドの実践的な知識を学べます。2017/03/27

n_53

0
各コンポーネントについてある程度知識のある人が、それをどのように組み合わせていくか、を考えるのに良い本だと思った。また、各パターンに制約事項が注意点として書かれているのも良かった。 ただ、2012年初版なんで、若干情報は古いかも。2017/05/14

jiroukaja

0
読んだ。Lambdaとかkinesisとかがない時代の本だった。2016/06/20

butako

0
社内的な理由でAWSソリューションアーキテクトを受ける必要が出てきたので、とっかかりとして。設計パターンがいろいろ載っているのはありがたいけど、Lambdaとか比較的新しめ(?)のが載ってなかったのは残念。 今更ながら、EC2のスケールアウトやRDSのMulti-AZあたりは実際に試してみようという気になった。2016/06/15

ts0818

0
AWSのクラウドの機能を前提とした設計のパターンを紹介してくれていますが、クラウドに限定した考え方ではないので汎用的に利用できそう。使いどころや注意点、パターンの組み合わせなどについても言及してくれているのと、図解で説明してくれているため非常にイメージが掴みやすい。また、実際にシステムを運用している時にあるあるな話に対して、何が問題なのか、その問題から得られる課題とそれらの課題に対する対応案、そしてその注意点、という流れで設計をまとめてくれているのがありがたい。今でも使える考え方が載ってると思う良書かと。2020/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9092008

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。