富士見L文庫<br> 妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

富士見L文庫
妖怪センセの京怪図巻 祇園祭にあわいは騒ぎ

  • ISBN:9784040706535

ファイル: /

内容説明

妖怪絵を得意とする絵師、安心院多聞。その絵はまるで生きているようだと評されるが、それもそのはず。彼が使う筆には秘密があって――。いまも生まれる“妖怪(あわいもの)”。その一瞬の邂逅を、絵筆で切り取る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

木冬

8
純真無垢な少女と、少女を見守る親戚の青年。視える、聞こえるということは周囲に理解されにくく故に性格がひねくれがちなものなのだけど瑞希ちゃんは素直で可愛い。普通に友達もいて、かといって他の人には視えない者に対しても親切に接していていい子だなぁと。センセもそりゃ心配になるよなぁ、とも。メイン二人の関係性や物語そのものももちろん面白いのですが、なんといっても一番は衣笠さんですかね……。可愛いし憎めないのに、ちょいちょい大人というか悟っているというか。物語も原因や解決策がそれぞれきちんとまとまっていて面白かった。2015/08/25

Masaaki Kaneda

7
地元が舞台なので風景も浮かんできて楽しく読めました 短編なので読みやすかったです シリーズなのかと思って買ったら完結してました…2017/09/26

サラ

6
富士見L文庫お得意の京都の妖怪もの。全体的にこじんまりとした話で、キャラの掘り下げも上澄み程度。キーアイテムの魂ごめの筆を一回しか使ってないのが惜しい。でも写真や人物画の顔を食べる面食いや足を引っぱる帯の蛇など、オリジナルの妖怪が登場するのは珍しいかも。描いた妖怪を封印・使役できる絵師のセンセこと多聞とそのはとこの女子高生瑞希、面食いの衣笠さんの会話が軽快で面白い。瑞希のことを妹のように可愛がる多聞と、彼のことが大好きすぎる瑞希の近くて遠い関係性が微笑ましい。こんなおにいちゃんがいたらそりゃ好きになるわ。2017/08/10

aki.s

6
宵山の日になんとなくタイトルに惹かれて購入。本能的に名前を名乗ることが危ないと知っているであろう二人が、衣笠には簡単に名乗っていることに読後違和感を持ったけれど、通して読むとなかなか面白かった。大垣書店オリジナルペーパー『打ち水、逃げ水』が封入。2015/07/31

フジ

5
結構楽しめました。登場人物も良い。とくに衣笠さん。大活躍。ほかにも、衣笠さんのようなマスコット的な妖怪が出てきたら楽しいだろうなぁ。もっと多聞が使役しているのも見たい。でも妖怪モノは、やっぱり絵も見てみたくなりますね。それ故に、表紙の衣笠さんにヒゲがないのが気になってしまった。2015/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9779104

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。