富士見L文庫<br> 女装王子の聡明にして華麗なたくらみ

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
女装王子の聡明にして華麗なたくらみ

  • ISBN:9784040706528

ファイル: /

内容説明

隣国へ戻ったセレスタに想いを募らせるルイーゼ。そんな折、兄に隣国への使者を命じられる。しかし、意気揚々と赴いたルイーゼを待っていたのは……セレスタと他の男のお見合い話!? 女装王子、再びたくらみます!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

絳楸蘭

21
最後までドタバタしていたけど、これがルイーゼなんだよね(笑)セレスタじゃないけど、ふざけるなら徹底的にやればいいのに、フッと垣間見せる真面目さに、しょうがないなぁ…と思わせられる。作者さんがこれで終わり的な話をしているけど、願わくば、国に戻ってから結婚式を挙げるまでの妨害合戦なんかも読みたいなぁ。2015/12/05

でんか

19
つづけてシリーズ2巻目。あいかわらず存在の薄いヒロインなのでもったいない。ついでに、王宮が舞台なのに、展開の軽々しいことよ…仮にも一国の王&王子&王女がそんなに簡単に結婚を決めたり止めたり申し込んだりして良いものか。設定は面白いと思うので、もうちょいなんとかならなかっただろうか。今作の当て馬的ポジションの王子のラスト、明後日の方向に化けてくれたのが面白く、そこは良かった。2018/03/07

ダージリン

19
ルイーゼが相変わらずで楽しかった!でも、セレスタ姫の身内からの嫌われぶりにいったん引こうとする彼に成長を感じましたね。その後の巻き返しの果てに・・・ふふふ、ここで終わるのが残念~(笑)。2015/06/25

ぐっち

15
まさか続刊が出るとは!セレスタの国へ婚約を申し込みに行ったはいいけど、兄たちの妨害にあい・・・読み始めて思い出した、この王子、見た目とタイトルは麗しいけど、今回も好き勝手だった~!「ふふ、けっこう決まってたな」の流れにはきゅんときましたが、最後はニューキャラ・ラファエル王子の強烈なキャラに全部持っていかれちゃいましたね~。2015/06/14

miku

14
前作越えたドタバタハイテンション。オチは笑って終わるけど、ここまで来ちゃうと話が色々ぶっ飛び過ぎて…収集つかない。ルイーゼの変人極まりなさと、周りの人達の振り回されっぷりが痛々しいのか、笑えばいいのか。ラファエルというルイーゼ以上の変態登場で、話がさらにカオス。2016/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9748676

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。