新潮文庫<br> 胡蝶の夢(一)

個数:1
紙書籍版価格 ¥825
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫
胡蝶の夢(一)

  • 著者名:司馬遼太郎【著】
  • 価格 ¥781(本体¥710)
  • 新潮社(2015/06発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101152271

ファイル: /

内容説明

黒船来航で沸き立つ幕末。それまでの漢方医学一辺倒から、にわかに蘭学が求められるようになった時代を背景に、江戸幕府という巨大組織の中で浮上していった奥御医師の蘭学者、松本良順。悪魔のような記憶力とひきかえに、生まれついてのはみ出し者として短い一生を閉じるほかなかった彼の弟子、島倉伊之助。変革の時代に、蘭学という鋭いメスで身分社会の掟を覆していった男たち。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雪風のねこ@(=´ω`=)

162
記憶力は良いけど礼儀知らずで人当たりが悪く本能的に女が怖いとくると伊之助が、ヘッセ著車輪の下のハンスに見えてしまう。出戻りの舟で死ぬ様な思いをしたから少しは治ったかに見えたけれどまだまだの様。でも不器用故に応援したくなるのも然り。谷崎潤一郎著細雪でも感じたが人物に当時の世相を重ねていると思う。頭でっかちで子供っぽい伊之助が、当時の日本を表していると感じる。司馬著作はとにかく心理描写が深く多彩で、登場人物が多い程、深く広く表されるんだけれど、大きな魅力と言える。(続く)2017/09/03

むーちゃん

87
一巻読了。 松本良順長崎へ。 伊之助どうなる?2019/12/29

Die-Go

87
幕末の御典医であった松本良順、その師ポンペ、良順の弟子であり従者である記憶力の天才島倉伊之助を中心に、幕末の医療が明治維新にどうかかわっていったかを描いている。教科書上には出てこない人物達でありながら、魅力的に描くのは司馬遼太郎の真骨頂。楽しんで読んでいきたい。★★★★☆2016/06/08

優希

82
蘭学という医学でそれまでの医学を覆したドラマなのだなと思いました。それは漢方から蘭学へと必要性が移っていったからなのでしょう。松本良順とその弟子・島倉伊之助が如何にして江戸幕府の中で蘭学を学んでいくのか。続きも読みます。2018/12/30

さつき

75
幕末物を読んでいると頻繁に登場する松本良順。どんな人なのか気になっていて、ずっと読みたかった作品です。蘭方医の子として生まれたけれど漢方を旨とする奥御医師の家の婿になる。前半の自らの志向を殺して生きている様子には同情します。が、何といっても伊之助!一巻は彼の変人ぶりに全て持っていかれてますね。周囲の人の思惑や空気を読まないばかりか、挨拶もろくにできない。彼自身は意図していない無作法から、関わる人々には嫌われる。さぞ生き辛いだろうと思うけれど本人は案外気にしてないんですよね…この先の展開も楽しみです。2018/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/575467

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす