ジハーディストのベールをかぶった私

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

ジハーディストのベールをかぶった私

  • ISBN:9784822250911

ファイル: /

内容説明

中東の過激派組織「イスラム国」の実態を描いた
フランス人女性ジャーナリストによる戦慄のルポルタージュ

 ヨーロッパでは、インターネットを通じて中東の過激派組織「イスラム国」にアクセスする若者が日に日に増えている。その背景には何があるのか?
当事者や家族を取材してきた著者アンナ・エレルは、ジャーナリストの身元を隠し、「メロディー」という仮名でフェイスブックを通じて「イスラム国」の幹部の男と知り合う。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

64
ジャーナリストのアンナは、IS幹部の男の餌としてネット上にメロディーというアバターを放つ。ネット上では、自分が別の人間になることは容易だ。全身を黒いベールで覆い、スカイプの会話で、従順で世間知らずな女の子を演じながらISの殺人者の心理に入り込んでいく。取材活動は、シリアのラッカで展開されているISの情報に探りを入れながら、狂信的な男の求婚に応じていく危険極まりないもの。ジャーナリストとしてそこまでやる必要があるのか、やがて越えてはならない場所へ向かう。トラウマになっていなければいいんだけどね。2018/12/04

ののまる

17
フランスのジャーナリストがジハーディスト希望の女性になりすまし、スカイプやFBでIS幹部に接触し、熱烈な求婚を受けてネットを通じて内部に潜入したルポ。どうなるのかと、彼女は大丈夫だろうかと不安が募る。取材方法には賛否両論だろうけれど、ネットを介して若い志願者を募り洗脳していくISの実態がよくわかった。主要言語が日本語だからこういうことから守られてる面もあるんだろう。イスラム教徒がISは自分たちの宗教を冒涜していると主張していることも、IS幹部(フランス人)の生身の言動をみるとよく理解できる。2016/02/04

あんこ

12
若い女の子になりすまし、スカイプやネットでIS幹部とやりとりしたフランス人女性ジャーナリストのルポルタージュ。ハラハラしちゃって逆に一気には読めない。文章も「その時には知る由もなかったのです」的な感じで先に待ち構えるものを予想させる。取材にのめり込んでいく作者。非常に読み応えのある一冊だけれども同時に、それと引き換えにしたものの大きさに何とも言えない気持ちになった。2015/06/20

たっこ。

12
あまりのスリルにいっぺんに読んでしまった。スリル,なんて言葉は安っぽくていけないのかも知れない。仏女性ジャーナリストが偽名を使って,IS大物幹部と親しいやりとりを仮装し,他方で胸のむかつく思いをしながらも続けたやりとりのルポルタージュ。帯にある「イスラム国の実態を描いた」というほどの内容はない。むしろ大物幹部とされる一人の人間が,彼女に当初注ぐ優しさと他者への蔑視,そして親しくなるにつれて現し始める獣性が,遂には記者に刃を向けるのではないかという今にも死に直面するかも知れない,胸の詰まるような恐怖だった。2015/05/26

ヤエガシ

10
インターネットを利用してヨーロッパの若者を勧誘しているISの戦闘員に、架空の人物に成りすまして、ネット上で接触したフランスの女性記者のルポタージュ。とにかく衝撃的な内容でした。 ノンフィクションというよりは、小説的な構成なんですが、展開がスリリング。 本書を読みながら、日本語が世界のマイナー言語なため、日本人はISの勧誘対象ではないんだろうなと、そんなことを思いました。2015/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9742918

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。