ブルーバックス<br> マンガ おはなし物理学史 物理学400年の流れを概観する

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

ブルーバックス
マンガ おはなし物理学史 物理学400年の流れを概観する

  • ISBN:9784062579124

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

物理学者たちはいかに新しい理論を生み出したのか――実験と理論の融合、電気と磁気の統一、超ミクロの世界、光速と重力場。古典物理学の時代では力学と電磁気学を学び、電気と磁気が統一される前夜に遭遇。現代物理学の時代では量子力学と相対性理論という、光速に近い運動や重力場といった、われわれの想像を超えた領域に引き込まれていきます。(ブルーバックス・2015年4月刊)

目次

まえがき――本書のガイドをかねて
プロローグ
第1章 力学
第2章 電磁気学
第3章 量子力学
第4章 相対性理論
エピローグ
参考図書
さくいん

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

非日常口

30
ブルーバックスの「おはなし」シリーズ。相変わらず字が多いけど、するする読める。物理学に関わった偉人の苦労や発見の瞬間、文系の私でも知っている有名なエピソードをちょこちょこ盛り込んでくれている。物理の細かい話や教科書をやり直す前に、こういう人の流れを押さえておくのに丁度良い。2015/05/20

nbhd

14
「おはなし物理学史」と銘打ちながら、「おはなし」になっていない。まさに「おはなしにならない」(寒っ!)…というようなギャグが乱発され、理解が糞詰まる。…いや、むしろ、【「おはなし」と言いながら「おはなし」になっていない】というホコタテな事態こそ、なにか重大な物理法則と結びついているのかもしれないけど、中学生におすすめできる本ではない。2021/04/19

みたらし

14
物理学史のおおまかな流れを知ることができました。マンガ形式ではありますが、情報量は多めでした。詳しくはそれなりの本で。2016/07/12

スプリント

7
マンガのテイストが昭和っぽい(学習漫画の様)ですが2015年に刊行された本です。内容を詰め込みすぎて読みづらいところがありますが物理学の概要を知るにはよい本かと。2015/05/16

ソーシャ

4
『おはなし数学史』『おはなし化学史』の佐々木ケンと科学史の小山慶太のタッグによる物理学史のマンガ。古典物理学、電磁気学、量子力学、相対性理論を軸に相変わらずのノリで、楽しく物理学の歴史を知ることができます。「詳しくはそれなりの本で」という割り切りが一番ツボだったりする。2015/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9673719

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。