講談社文芸文庫<br> 夜明けの家

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文芸文庫
夜明けの家

  • 著者名:古井由吉【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 講談社(2015/05発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「老耄が人の自然なら、長年の死者が日々に生者となってもどるのも、老耄の自然ではないか。」――主人公の「私」が、未明の池の端での老人との出会いの記憶に、病、戦争、夢、近親者の死への想いを絡ませ、生死の境が緩む夜明けの幻想を語った表題作をはじめ、「祈りのように」「島の日」「不軽」「山の日」など「老い」を自覚した人間の脆さや哀しみと、深まる生への執着を「日常」の中に見据えた連作短篇集。

目次

祈りのように
クレーンクレーン
島の日
火男
不軽
山の日
草原
百鬼
ホトトギス
通夜坂
夜明けの家
死者のように
著者から読者へ
年譜