角川ホラー文庫<br> レフトハンド

個数:1
紙書籍版価格 ¥859
  • Kinoppy
  • Reader

角川ホラー文庫
レフトハンド

  • 著者名:中井拓志【著者】
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • KADOKAWA(2015/05発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784043464012

ファイル: /

内容説明

製薬会社の研究室で致死率百%のレフトハンド・ウィルスが漏洩。だが、主任の影山は研究の続行を要請する。受け入れられなければウィルスを垂れ流すと脅しながら。第4回日本ホラー小説大賞長編賞受賞。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミュポトワ@猫mode

39
初読みの作家さん。10年近く積んであった本。内容はバイオハザードもの。なんだけど…好きな人にはすいません、俺にはあまりあわなかったです。あまり面白くなかった。解説にはギャグホラーな感じで読めばいいみたいなことが書いてあるんだけど、どこをどう取れば笑えるのかわからなかった。なんかただ長いだけ、って感じてしまった。長編ホラー賞みたいなのの受賞作品なので、重ね重ね申し訳ないけど、かなりいまいちな作品だと思ってしまった。気分的にマッチしなかったんかな…2020/07/14

mejiro

11
バイオハザードもの。奇想に圧倒される。冒頭から引き込まれた。臨場感と迫力ある文章は映像では表現できないほどのインパクトがある。グロとホラー、狂気と人情とコメディのバランスがよく、最後はせつなささえ残る。カンブリア…自説に取り憑かれた人物が狂ってる…汚染された閉鎖棟を平然と出入りする時点で只者ではないが。さらに「大人の事情」が物語の厚みを増してる。異界すぎて、読書を中断するたび現実に戻るのに時間がかかった。ホラー小説に収まらない傑作、または怪作。すごく薦めたいけど、人を選ぶ作品なので難しい…。2019/07/25

けいちゃっぷ

10
ある製薬会社の研究所で致死率100%のウィルスが漏洩。 汚染された研究棟から絶対にウィルスを流出させてはいけない。 しっかり書き込まれているし関係者のてんやわんやぶりが面白かったが、ラストはちょっと感傷的すぎるような。 それと、ウィルスに罹患すると左腕が心臓を引き連れて「独立」して歩き回るというのがなんとも。 ミニゾンビみたいなものだが。 486ページ 2015/07/17

kumo

9
★★☆☆☆2017/05/12

りず

8
イマイチ…。なんか何を描きたかったのかよく分からなかった。パンデミックものにしてはウイルスと戦ってないし、ホラーにしては描写が陳腐。カンブリア紀に繋げるには根拠が薄すぎないか?確かに多種多様な生物が産まれた原点だけど、何でもアリって訳ではないだろう…。そして、登場人物の誰一人として好きになれず、なっかなか読めなかった…。うーん、残念。2017/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/575668

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。