地域で障害者と共生五十年 ともに生き、ともに老いる

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,304
  • Kinoppy
  • Reader

地域で障害者と共生五十年 ともに生き、ともに老いる

  • ISBN:9784811806532

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

日本の障害児者・福祉の教育にとっての草分け的存在である著者が、その実践の五十年を整理し、その全体像を描いた。その仕事の原点には、荒れ地を拓き、田畑を耕し、ブタを飼い、自力で地域につくりだした障害者との共同生活がある。その五十年は、学ぶべき実践の宝庫だ。

目次

プロローグ-見方を変えることI----ひとすじの拓かれた道   障害児教育・福祉の実践五十年 1 原爆から障害児教育まで   みずから求めて仲間と学んだ戦後八年 2 実践こそわがいのちII----家族や地域から切り離さない教育   小学校障害児学級での実践 1 発達と生きがいを大切に 2 生きがいにつながる教科指導 3 交流をはぐくむ福祉の心 4 障害児教育の改革III---時代に応える社会福祉教育   大学ガイダンスセミナー長崎会場での講演(平成七年)IV---障害があっても地域でふつうに暮らす   ともに生き、ともに老いる 1 あるがままに、あたりまえに 2 共同生活で大切にしてきたことV----「なずな」に育って 近藤 真VI---「なずな」を支えてきた女性たち 新福信夫エピローグ-祈り・想い・夢     なずな障害児教育福祉合同研究会の歩み 吉岡久美子