文春文庫<br> 義経 〈上〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
義経 〈上〉

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥743(本体¥676)
  • 文藝春秋(2015/02発売)
  • 【Kinoppy】文藝春秋 時代小説フェア ポイント30倍!(~2/3)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167663117

ファイル: /

内容説明

みなもとのよしつね――その名はつねに悲劇的な響きで語られる。源氏の棟梁の子に生まれながら、鞍馬山に預けられ、その後、関東奥羽を転々とした暗い少年時代……幾多の輝かしい武功をたて、突如英雄の座に駆け昇りはしたものの兄の頼朝に逐われて非業の最期を迎えてしまう。数奇なその生涯を生々と描き出した傑作長篇小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

154
落語を聴いても、歌舞伎を観ても、源平合戦や頼朝vs義経・弁慶の話は拾いきれずにいつも悔しさが残る。「源平盛衰記」や「平家物語」、「義経記」を読もうにも敷居が高くて、なかなか手に取れぬ。ならばこれからと、取り掛かった。司馬史観が入っているだろうし、彼の創作もあるにせよ、わかりやすい。義経を殺さなかった清盛、清盛の子を生んだ常磐。ほぅ。天下をとった平家がしてきたことを、その後に天下をとったものは真似せぬようにしてきた、か。なるほど。「平家にあらずんば人にあらず」となれば、恨みをかうとなあ。2018/09/16

遥かなる想い

136
義経を少し引いた感じで描いた作品。今では 定説になっているが、私が読んだ当初は、知らなかった頼朝と義経の立ち位置がよくわかり、歴史の面白さを再認識させてくれた作品だった。2010/07/31

明智紫苑

107
アーサー王伝説をテーマにしたブログの記事を書くために「井村アーサー」を読んでいるが、息抜きとして司馬義経を読む。しかし…義経の致命的な政治力のなさはランスロットと変わらん! この二人の同類として「国士無双」韓信という人がいたけど、誰かが「司馬さんが本当に描きたかった韓信のイメージとは、すでに『義経』として描いてしまったのではないのか?」と言っていたのには大いに納得した。この三人、政治力のなさが最大の弱点だが、それがかえって魅力にもなっているのだ。多くの日本人は政治的な人間を苦手とするのではないのか?2016/08/08

壮の字

100
初読のときは義経にイライラしながら読みすすめ、あんまり面白く感じなかった。頭のなかには吉川英治『新平家』の義経像が色濃く保存されていたようだ。数年ぶりの再読では義経をわがままな「我が子」目線でよんでいるからか、かわゆい。いやもはや「孫」目線かも。(心ならずも)義経に魅せられてしまう周囲の大人たちに感情移入しているせいかもしれない。さて物語は京に義仲、鎌倉に頼朝、瀬戸内に平家、義経が京をうかがう。ここで「奥州に義経」という位置に留まっていれば、戦乱自体もずいぶん面白い展開だったろう。口惜しく候。2016/08/02

優希

88
面白かったです。この時代の物語を読むことは滅多にないので興味深く読みました。義経が過去転々としていたことは知っていましたが、改めて子供時代は暗かったのだと思わされました。上巻ではあまり義経の活躍はありませんが、下巻でどう動くか楽しみにしてます。2018/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/567018

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす