「日本沈没」から「韓国沈没」へ 【Voice S】

個数:1
  • Kinoppy
  • Reader

「日本沈没」から「韓国沈没」へ 【Voice S】


ファイル: /

内容説明

いまや中国からもアメリカからも見捨てられはじめ、徐々に世界から「置いてきぼりになる韓国」。景気を支えるはずのサムスン、現代自動車グループにも精細がない。一時期、「日本企業は韓国企業に学べ」と報道されていたのは、いったい何だったのか。稀代の韓国評論で知られる著者による最新「沈没」事情。本コンテンツは月刊誌『Voice』2014年11月号掲載記事を電子化したものです。