ルルル文庫<br> 花嫁さまとあやかしの秘めごと~狢爛漫恋吹雪~

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

ルルル文庫
花嫁さまとあやかしの秘めごと~狢爛漫恋吹雪~

  • ISBN:9784094522839

ファイル: /

内容説明

姫の末裔をたぶらかすのはあやかし青年!?

東京から祖母の屋敷がある水森町に引っ越してきた女子高生の皐。厳格な祖母に認められるために、名家・梶原家にふさわしい優等生を演じようとがんばっているが、家でも学校でも問題続出でなかなかうまくはいかない。ある日〈九十九大狢〉というあやかしの逸話が残る近所の山で、皐は凶暴な孔雀に襲われる。危ないところを救ってくれたのは、この山で修行しているという山伏姿の美青年・漁火。皐を甘い言葉で口説くようにからかってくる彼に、最初は不審を抱いていた皐だったが、家にも学校にも居ずらい皐にとって、意地悪なくせにやさしい漁火との時間が次第に大切なものになっていく。時折、漁火が見せる冷ややかな表情が気になりながらも、皐は彼に惹かれるように…。そんなころ、梶原家に代々仕える家柄の息子で、学校の後輩でもある少年・千景との縁談話が持ち上がり、皐の心は揺れて!? あやかし禁断ラブファンタジー!
前作『旦那さまはお狐さま~白狐繚乱恋吹雪~』のカップル、小春と青月のその後もちらりと登場します、お楽しみに!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆり

10
前作を読んでからかなりの間が空いてしまいました。漁火と大貉様と仲間たちの絆にちょっとほろっときました。なんてひねくれ者なんでしょうね!皐と母と祖母が分かりあえて良かった。しかしこの恋は苦労するでしょうね……でも千景君が皐の側にいる限りは(きっと一生何らかの形で側にいるだろう)なんとかなる気がする。彼の黒さと優秀さは信用できる(笑)。2020/02/23

6
なんかもう序章に全てが詰まっていた気がして大狢さま……!漁火はなんだかせつないなあ。なんとなく色々自覚に乏しいかんじが特に。そういう彼を案じる狢たちがよかった。人間側もちょっと困った、でもいいひとがいっぱいでじんわり。皐は芯の強い子だなあ。好きです。犬もおばあちゃんもいいキャラ。犬と狸でえんえん喧嘩し続けてほしい。なんか彩夏ちゃんとちゃんと話できた最後のシーンで妙に感動しました。よかったねぇ。2015/03/26

凍矢

6
もふもふ獣の狢と、人間の主人公の少女の恋物語です。あっさり読めたのですが、評価は普通ですね。狢の性格が嫌いですし、大狢の暴走が止められなかったので、あんま好印象は、持てず。苦労する恋愛だなー、今回の。2014/08/10

RINGOoisiiiiiii

4
前作のスピンオフ。狢の漁火編。家の事情で引っ越してきたヒロイン皐。祖母に認めてもらおうと真面目に生活しようと意気込む。一方、漁火は大狢の為に何やら企んでおり…。甘さはない。なんか全体的にちぐはぐなような…。祖母関係かクラスメイトとのいざこざか犬君かどれかに絞ればよかったのになと。とびとびの印象。クラスメイトとは狐を狸って言われたらもっと怒りそうだけどね。お狐さんがいちゃついてたのは良かったです!2019/02/16

こばこ

4
漁火可愛いなぁ!こういうめんどくさくて一人でいじけちゃってるようなキャラ意外と好きでした。視点交換があるので、恩と恋に揺れる様とかが見れて面白かったです。あと家族愛的なものに最近めっぽう弱いので。皐もしっかりしていて好感が持てるし、千景も猫かぶりで面白いキャラです。きらびやかさは感じないんだけど、好きなお話でした。2015/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8136522

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。