ルルル文庫<br> 珠華繚乱

個数:1
紙書籍版価格 ¥523
  • Kinoppy
  • Reader

ルルル文庫
珠華繚乱

  • ISBN:9784094520231

ファイル: /

内容説明

姫君の「婿入り」に隠された真実とは!?

第一回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門佳作受賞。珠国の王女である蓮祥は父親の命令で、幡国の王の子と結婚することになった――ただし、相手は何故か王女で、蓮祥は王子として婿入りすることに!?

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

伶夜

8
「真実が見えてこないっていうのが、一番厄介なんだ」(本文より) 最初のイラストからネタバレ。予想通りの展開。2017/10/29

あさい

3
元気っ子ヒロインが、政略結婚で婿入りすることになる話。嫁入りじゃなくて婿入り。そんでもって強くて相手国ではばっちり男と勘違いされ、男の中の男ともてはやされているタイプの話。男装ヒロインだとそれぐらい元気なほうが好きなので読んでて可愛かった。相手役も実は女装している男という好きなパターンなので面白かった。灰色の男の正体は最初っからバレバレで、それでもごまかそうとするのが凄く可愛い。終盤にかけては夕凛のキャラ付け(暗黒微笑風味)含めてご都合かな~と思うところもありながら、全員可愛いしかっこいいしで面白かった。2016/01/24

さつき

2
とても解りやすい王道。この解りやすさはたぶんわざとなのだろうけど。ツンデレな流夏でもそれはそれで萌えたのに(笑)2009/09/20

まりい

1
宇津田さんのデビュー作。読み応えはあまりありませんが、テンポの良い王道ストーリーとして楽しむことができました。2014/04/07

リリーナ

1
ちょっと展開が読めすぎ(笑)2008/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/531307

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。