鉄の王(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

鉄の王(1)

  • 著者名:さの隆(佐野隆)【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2014/11発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063952254

ファイル: /

内容説明

日向鉄雄(ひゅうが・てつお)16歳は、まっすぐに生きてきた。盟友の草薙樹(くさなぎ・いつき)とふたりで生きてきた。困った人を見ると、ほっておけない性格で、そのせいで変な目に遭うことも多いけど、まあ、楽しく生きてきた。その鉄雄の人生が暗転するとき、突如、左手に異変が起きる。いやおうなく、巨大な暴力を手にした鉄雄。それは、天地を揺るがす宿命の戦いの幕開けだった……!! 今、その手に、神が宿る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

グレ

17
これ面白いのにな~。登録者少ないなあ。突然異星人から体ば勝手に改造される、寄生獣みたいな犬屋敷みたいなお話。デカパイば揉ましちゃるFカップのJK学級長に、ボインちゃんのplight=苦境、窮状は見て見ぬふりできぬ主人公。2016/10/29

ルシュエス

3
学校異能…異形?バトル。不思議な隕石の前振りはあるのですが、それに関わることなく突然覚醒が始まるのにちょっと違和感が。1巻は駆け足な前章で、2巻からが本筋な感じですね。2014/12/22

はじめ

1
ためし読みでSFものか思ったら全然違った。ファンタジーだった。妖怪とか神様とか天使が戦う話しだった。え!?あ、へー……妖怪……。とか思っている間に話がサクサク進んでいく。特になんの説明も無いまま、七人の件属の七人の長がうんにゃらとか言い出して意味がわからない。2巻で説明があるのかしら……?とりあえず、次でも買ってみようかな……。2014/11/10

サテヒデオ@ダイナミックひとり

1
人物造型や状況設定、序盤の展開に新しいところはない。「デビルマン」以降の日本において、「善悪」の二項対立は空々しくあって。世界を揺るがす闘争の舞台が学校となるのも漫画じゃ珍しくない。題材も展開も目新しい要素はなく、背水の陣にて開幕する王の物語。どうなる?2014/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8291521

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす