世界を操る支配者の正体

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

世界を操る支配者の正体

  • 著者名:馬渕睦夫【著】
  • 価格 ¥1,265(本体¥1,150)
  • 講談社(2014/11発売)
  • 【Kinoppy】講談社書籍ほぼ全点ポイント増量キャンペーン(~2/3),もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 550pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062191753

ファイル: /

内容説明

道徳と民族を破壊する4人の洗脳者は誰だ? ウクライナ危機で世界最終戦争を開始した勢力の裏シナリオ。元ウクライナ大使、待望の衝撃作! マスコミは真実を伝えない。政治家は「その人々」にアクセスできない。残酷な時代をサバイバルするカギは本書に!

目次

まえがき 最後の希望の旅
第1章 ウクライナ危機は世界最終戦争の序曲
ロシアとウクライナの血で贖われた共通の歴史
スターリンが葬ったクリミア半島のユダヤ人自治区
第三次世界大戦に発展する可能性
メディアの争点は誰が決めているか
ウクライナ反政府デモの主導者はアメリカ
暫定政権は民主化勢力ではなかった
ウクライナ国民を無視した政変劇
なぜいま対ロシア経済制裁なのか
欧米はポロシェンコのウクライナを支援しない
第2章 プーチン抹殺のシナリオ
プーチン抹殺二つのシナリオ
アメリカはマレーシア機撃墜の衛星写真を公表せよ
プーチンが安倍総理に期待すること
偽装作戦に惑わされるな
第3章 ロシアを支配する者が世界を支配する
欧米首脳がソチ・オリンピック開会式をボイコットした理由
天然資源を奪うための民営化
プーチンに挑戦した新興財閥
ロシアの国富をアメリカ資本主義に譲り渡す行為

第4章 国際金融勢力対ロシアの2年戦争
1 ウィーン会議
ナポレオン戦争で巨大な富を築いたロスチャイルド
ロシア皇帝が謎の不審死
左翼革命運動と国際金融資本家の奇妙な連動
2 アメリカ南北戦争
リンカーンに高利子を要求
アレクサンドル二世もロスチャイルドから恨まれる
3 ロシア革命
それはロシアのユダヤ人を解放するための革命だった
ロシア革命の真相を理解するカギはウィルソン大統領

第5章 道徳と民族を破壊する4人の洗脳者
グローバリズムという妖怪
ボルカーは正しかったか
私たちに「選択の自由」はあるのか?

第6章 ディアスポラ化する人類
自らの意思で離散したユダヤ人もいた
異邦人をすべて「ユダヤ化」する
普遍主義と民族主義の一体化

終 章 歴史認識大戦争に備えよ
ルーズベルトの参戦と同じ手法
ウクライナ危機と中東情勢はつながっている
日本を封じ込めてきた戦後東アジアレジーム

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

R

14
ユダヤ人による世界を一つにする、国家を否定する計画が人知れず進められている、なんていう感じで、アメリカの後ろにあるユダヤ人富豪たちが世界をどうしたいか、そのためにどれだけロシアが邪魔なのかといったことを書いた本でした。にわかに信じがたいところもあるものの、アジアで仲が悪いのもアメリカの、そのバックにいるユダヤ人の戦略であるというのは面白い解釈だと思いました。クリミア半島についての歴史もさらえて、興味深い内容でした。2015/07/02

jj

8
ブレジンスキーの論理によると、米国はグローバリズム不足を理由に他国干渉できるという。まず民主化する。次に民営化する。最後にグローバル化する三段階レジームチェンジ方式。グローバリズムは格差社会を作り、世界に1%の富裕層と99%の貧困層を作り、グローバリズムの下、ユダヤ財閥は世界を支配する。中国、韓国は既にグローバリズムの支配下に。日本もグローバリズムに移行しつつある。世界でナショナリズムを唱えるのはロシアだけという。グローバリズムとナショナリズムの戦いはロシアを支配すると世界支配完成とか。日本のこれからは?2016/05/30

turtle

7
初めは胡散臭さを感じながら読んでいましたが、いつしか引き込まれてしまいました。 ウクライナをめぐっては、あまりに不自然な動きが多かったので、なるほどです。 2015/01/28

だろん

6
長年、日銀総裁、メディアの欺瞞に付き合いながら相場に居ると、報道されるずっと前から動き始める市場、報道されてから動く市場はハメ手…俗にいう軍産複合体などではなく、世界政治の舞台は金融メディア複合体が動かしているというのはよく分かる。この著書は決してトンデモ思考の陰謀論とは一線を画す、世のばくぜんとした違和感をトレースし詳らかにしてくれる良著だとおもう。2015/01/15

逃げるが勝ち!!

5
グローバリズムとナショナリズムを国際金融資本家とロシアの構図で説明されてます。凄く説得力があり、完全に感化されました。でもアメリカの目の黒いうちは日本がロシアと経済面で有効的になることはあるのだろうか?ただ、このような考えがあること自体、驚きであり、かつ新鮮だった。手に取る本のレパートリーが広がった。別の本も読んでみたい。2015/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8283208

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。