文春文庫<br> ばくりや

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
ばくりや

  • 著者名:乾ルカ
  • 価格 ¥611(本体¥556)
  • 文藝春秋(2014/11発売)
  • 文藝春秋怪談&ホラー小説ポイント30倍キャンペーン
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167902049

ファイル: /

内容説明

あなたの「能力」を、あなたにはない誰かの「能力」と交換いたします――。北の街の路地裏に「ばくりや」という店がひっそりあった。女に異常に好かれる三波は、その力を交換すべく店を訪ねたが……。その他、就職先が必ず潰れる、ささいなことでも泣けるなど、能力を交換した人々の悲喜劇を描く異色の連作短篇集!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

88
この悪魔くんみたいな表紙絵はないだろう。内容には単行本の装画の方が合ってたぞ。桜木紫乃の解説(結構面白かった)は文庫限定だけど。2017/02/16

dr2006

58
親愛を込めて交換することを北海道弁では「ばくる」という。ばくりやでは自分が持て余す特殊な能力を申告すれば、臓器移植の様に適合した他の誰かの能力と交換してくれる。但し、とんでもない能力と交換になるかもしれない。人の能力と欲望は表裏である。他人からは羨まれる特殊な能力も本人は持て余している苦痛かもしれない。舞台は札幌、自分の見立てだとwばくりやは新琴似辺りに店を構えているはずだ。大人びたダークファンタジーだが、実は主題はとても道徳的だと思う。解説は桜木柴乃、作者も道産子で仲が良いらしく、少し嬉しくなった。2019/07/19

ココ(coco)

36
☆☆☆乾ルカさん7冊目です。今回は自分の能力を他人の能力と交換する事が出来る『ばくりや』とう店の話です。乾ルカさんは、毎回よくもこんなに不思議な話を思い付くなと感心します。7編の短編集ですが、自分の能力にいかにウンザリしているかという流れから、最後には怖い、切ない、ゾッとするというオチがあり楽しめました。泣き虫の能力を捨てた男の話の【さよならギュ-ション】がちょっと他とは違う読後感で好きです。2018/02/21

miroku

27
表紙が藤子不二雄さん。内容も藤子さん的。発想が面白い♪2017/10/21

kirin

26
『あなたの能力交換します』少し人とは違う、自分の体質や特徴を疎ましく感じる7人が「ばくりや」を訪れ始まる7つのお話。“ばくる”とは北海道の方言で“交換する”の意味らしい。ホラーありミステリーあり涙あり笑いあり、さまざまな技巧をこらした連作短編。最終話ラストの締め方もあっと驚く結末でうまいです。「世にも奇妙な物語」が好きならハマるでしょう。『てふてふ荘へようこそ』が気に入った乾ルカさんですが、こんなブラックな感じも書かれるんですね。むしろこっちが本領でしょうか。2016/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8283473

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。