全史×成功事例で読む 「マーケティング」大全

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,520
  • Kinoppy
  • Reader

全史×成功事例で読む 「マーケティング」大全

  • ISBN:9784761270230

ファイル: /

内容説明

◆「125名の賢人・90の理論と手法・21社の成功事例」で、広大なマーケティングの世界が丸わかり!
◆「歴史」と「実務」の2つの視点から読み解くことで、マーケティングの知識と使いこなし方が一気に身につく!

本書の著者は、100社以上の著名企業のコンサルティングを行ってきた、企業のマーケティング戦略・ブランド戦略の第一人者。
著者が経営するコンサルティング会社は、日本経済新聞社が実施した「企業に最も評価されるコンサルタント会社ベスト20」に選ばれた実績を持ち、世界4大会計事務所の1つと同一ランキングになるなど、そのコンサルティング活動の評価は極めて高い。
本書は、トップマーケティングコンサルタントである著者の、長年にわたる実務経験と研究の集大成となる一冊。

◆第1部→120年に及ぶ「マーケティング全史」を一気読み!
これまで数多くのマーケティングの理論や手法が、偉大な先人たちによって生み出されてきました。
理論や手法は、時代の流れとともに誕生し、ビジネスや研究の場において大きな進化を遂げてきました。
本書の「第1部 マーケティング発展史」は、これまで体系化されていなかった「マーケティング史」を、20世紀初頭の米国のマーケティング黎明期に始まり、ネット、ソーシャルメディア時代の数々の新手法まで、「125名の賢人・90の理論と手法」を、時代の流れとともに一気に紹介していくエキサイティングなストーリー。

◆第2部→理論や手法の使いこなし方を「成功事例」を通して学ぶ!
第1部で紹介したマーケティングの理論や手法は、すべてのビジネスシーンにおいて、「解答」を導き出すためのマニュアルではありません。
先人たちの考えた理論や手法はあくまで、自社に最適なマーケティングを考え出すためのナビゲーションの役目を担うもの。
本書の「第2部 マーケティング実務編」は、「21社のマーケティング成功事例」を丹念に紹介することで、その企業の担当者が「最善の解」を導き出していった経緯を解説。「理論や手法をどうリアルビジネスで使いこなすか」が学べます。

ビジネスや経営の知識をさらに深めたい人はもちろん、これからビジネスという大海に乗り出す人にもぜひおすすめしたい、「マーケティングを学びたい」すべての人に沢山の学びと気づきを与えてくれる、経営書の新しいスタンダードです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

MATSUDA, Shougo

7
1周目読了。読み進めれば進めるほどマーケティングの歴史は経営戦略とビジネスモデルときっては切り離せない事を再実感。別書籍の経営戦略全史、ビジネスモデル全史と併用しながら再読します。2017/11/04

はるびー

5
告知で見せれば売れる時代は終わった。公告で魅せれば売れる時代も時代遅れだ。これからは、あらゆる方法で好かれて売れる時代。時代と共に、企業だけでなく消費者も賢くなった。IT化の恩恵を受けたのは、企業だけではない。だからこそ賢い顧客とのコミュニケーションが最も上手な企業が生き残っていく。だからデータを駆使して必死に理解しようとする。2017/07/05

Tomohisa Suna

0
マーケティングの理論の年表がまとめられてて、それをベースに解説が進みます。前後関係がわかるので非常に便利。2016/05/08

ごはんりれー

0
経営学部に興味がある中学生や高校生は、この本読むのをお勧めします。全てを網羅している訳ではない、詳細が少ない等挙げられるけど、それでもマーケティングの歴史の概要が掴めるので。極論言うと、この本読んだら経営学部に進学しないほうが良いと思う苦笑(よっぽど特徴のある学部だったら別だけど)MBAは、知識を学ぶというよりも論理的思考力等を涵養するのがメイン?だから意味あると思うけど。あと、大金を払って(大学に進学させて)頂いてまで学ぶことではなかったけど、自分の興味のあることなら、どんどん独学したほうが良い。2014/10/11

かわチラ

0
先ごろ数々の賞を受賞した「経営戦略 全史」のマーケティング版的な感じ(出版社も著者も違うので別ものだと思うけど。。)。マーケティング歴史を俯瞰するには最適。2014/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8237566

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。