異端児たちの決断 日立製作所 川村改革の2000日

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

異端児たちの決断 日立製作所 川村改革の2000日

  • 著者名:小板橋太郎【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 日経BP(2014/08発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822277895

ファイル: /

内容説明

2009年3月期に、国内の製造業史上最大となる7873億円の最終赤字を計上した日立製作所。
そんな崖っぷちの総合メーカーをV字回復に導いたのは、本流から外れた“デッドヘッド(員数外)” の男たちだった――。

本流から外れた人々が沈みゆく巨艦の舵を取ることになったのはなぜか。
そして、なぜ誰もが成し遂げられなかった経営改革を実現することができたのか――。
その謎に、日経新聞産業部記者として長年、日立製作所や日本の製造業を見てきた著者が迫りました。
日立製作所を舞台とした経営改革の奇跡。

目次

第1章 六十九歳の再登板
第2章 「不沈艦」の黄昏
第3章 裸になった経営陣
第4章 「御三家」の換骨奪胎
第5章 豪腕、中西宏明の凱旋
第6章 インフラ輸出の牽引車
第7章 グローバル化は隗より始めよ
第8章 日立の次代を担う者

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アメフトファン

35
日本を代表する巨大企業、日立製作所の復活の秘密が良く理解出来た一冊でした。一度本社から出た川村氏だからこそ思い切った改革が出来たということが良く理解出来ました。名門子会社の御三家に手を出したのはパナソニックが松下電工を子会社化したのと重なりますね。やはり企業は経年劣化していくもので、どこかで改革しなければならないものなのですね。日立が英国で鉄道車両を受注した快挙についても地道な苦労が身を結んだ結果ということを改めて知り勉強になりました。2015/05/30

Willie the Wildcat

34
1年365日。変革の核とスピード。選択と集中。取り組み姿勢が印象的。投資家との直球勝負、そして監査体制の再構築。前者は約43%が外資、後者は社外取締役と外国人の取締役構成比率。後者は、企業文化にも大きく変革を齎したものと推察。ビジネスの見所は、「鉄道事業」。(英国での売込みはNHKで特集を見たが)軌道に乗せるまでの過程に垣間見る気概と覚悟。結果論かもしれないが、V字回復も当然の産物ではなかろうか。言い換えれば、Buz. Opportunityはまだまだ埋もれているのかもしれないと感じさせる。2014/09/24

ぐっさん

11
日立の復活について書かれた本。特に魔術的な方法は書かれていない。社員にも理解できる現実味のある目標を設定する。必要な事業とそうでないものを区別し、不要な事業は売り払い、その資金で必要な事業をより強くする。不要な人材を解雇し、必要な人材を厚遇、または外部から招聘する。これらは全て当たり前のことである。だからこそ正しく行うことは難しい。未来を予測できる完全無欠な方程式はなく、当事者たちの思い込み(仮説)に従い、決断した結果、日立は立ち直り、東芝はあのようなことになったのだろう。2018/10/27

飯田健雄

9
著者の小板橋太郎氏の取材フットワークに敬服しました。よく取材してあります。私も日立製作所の海外鉄道事業について論文を執筆しましたが、この本に大きく依存しています。2015/06/06

Gordon

8
川村隆氏著の「ザ・ラストマン」読了後、同じく積読になっていた本書も続けて読了。 「ザ・ラストマン」と重複する内容もあるが、前著は川村氏本人の一人称的な視点での内容であるのに対し、本書は日経記者による「日立外」の立場からの客観的な評価、ドキュメンタリーなため、その対比が興味深かった。 大企業病が蔓延しつつあった日立が、2009年の巨額赤字からその後のV字回復に繋がる様々な改革や海外事業へのシフトなど精力的に推し進めていった当時の経営層は相当なパワーが必要だったと思うが、その経験を忘れて欲しくないと思う。2018/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8183411

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。