中経☆コミックス<br> コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法3

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

中経☆コミックス
コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法3

  • ISBN:9784046005885

ファイル: /

内容説明

市場競争に勝ち抜いた宮前久美の前に最強のライバル登場! グローバル競争が吹き荒れる中、久美の新たなる戦いが始まる。イノベーションからM&A、グローバル競争戦略まで学べる大好評ビジネスコミック第3弾。

目次

1 破壊的なライバルは外からやって来る―グローバル市場の怖さ
2 iPhoneやKindleはなぜ世界中で使えるのか?―個別カスタマイズから標準品へ
3 企業メッセージの99.996%はスルーされる―共感の時代のマーケティング戦略
4 無料でも儲かる仕組みとは?―フリーミアムのビジネスモデル
5 トランジスタラジオが真空管ラジオを駆逐した理由―イノベーションのジレンマ
6 買収するほうが立場が強いわけではない?―交渉の成否を握るBATNA
7 なぜグーグルはYouTubeを買収したのか?―M&Aを成功させる方法
8 アップルがiPadでパソコンを否定した理由―イノベーションの作法
9 有料で1万人に売るか、無料で100万人に使ってもらうか?―数が生み出す新たな価値
10 動きながら考える―イノベーターの素養

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

37
このシリーズの本を3冊読んで思ったのは、世の中は常に変わり続けるということ。この本ではグローバル市場の強さ、GoogleやYouTubeなど無料で儲かる仕組みであるフリーミアムのビジネスモデル、イノベーションのジレンマについて書かれている。変化を恐れていては時代に取り残されていくと感じた。2021/03/13

KIKUNA

5
◆本を手にした理由 前巻からの続き読み。 ◆本の主旨 ストーリーを通して、M&A、フリーミアム、グローバル競争 ◆所感 ・1、2巻にくらべるとピックアップ要素は大味。 ・ストーリーは面白かった。 ◆TODO ・BATNAを持つ、用意する意識2020/03/07

josuke

4
相変わらず面白く読めた。刻一刻と変わり続ける時代の中で、生き残れるようなスキルと発想を持っていきたいと思う。2014/08/09

光久 佑一

3
時代・顧客ニーズの変遷、海外企業の襲来などに打ち勝つため、イノベーター視点を持って柔軟な発想で立ち向かっていく様が描かれているもの。マーケティングだけにとどまらずに、常に時代の変遷に目を向けて「走りながら考える」ことが大切だと、再読して再確認しました。2016/08/06

ササキマコト

3
マンガなのでサクサク読めますが、完全に前作からの続き物です。前作までを読んでいないと、登場人物や背景が掴めないと思います。登場人物の関係性とか分かっていないと楽しめないですからね。一作目から順番に読んであげてください。本作はビジネスの新しい切り口がテーマです。話が大き過ぎて私自身は身近な事例として捉えることはできませんでしたが、世界規模の会社で活躍されている方や、競合他社との関係性に頭を悩めている方は参考にできるかもしれません。2014/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8169751

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。