―<br> 知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版 第4弾 - 池上彰が読む「イスラム」世界

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン


知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版 第4弾 - 池上彰が読む「イスラム」世界

  • 著者名:池上彰
  • 価格 ¥864(本体¥800)
  • KADOKAWA / 角川マガジンズ(2014/07発売)
  • 秋の夜長もKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/22)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

イスラム世界には世界の大問題を読み解くカギがある! イスラム教徒はいまや世界に15億人。決して「よくわからない」ですむ存在ではない。また、イスラム武装勢力による事件の報道があるけれど、イスラム教が危険ということではない。イスラム世界の真実を理解する必要があるのだ。そこで本書では、スンニ派、シーア派の違いなどイスラム教の基本から、現在に続くパレスチナ問題などイスラム世界の大問題、「アラブの春」の結末など現代イスラムが抱える問題、ハラルなどイスラムとつきあうポイントまで。イスラム世界を理解するために必要な基本知識と最新ニュース解説が詰まった、人気シリーズ「知らないと恥をかく世界の大問題」のイスラム図解版の登場。

●イスラム教とは何か? ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3つの宗教が信じる神は実は同じ
●現在につながる中東の対立 シーア派とスンニ派の対立、アラブとユダヤの対立などの基本知識
●イスラムと世界の対立 湾岸戦争、9.11同時多発テロ事件、イラク戦争とは何だったのか?
●現代イスラムが抱える問題 アラブの春の中身とその後、ナイジェリアやイラクなどの過激派の動きを解説
●イスラム世界とつきあうポイント イスラム教の慣習と世界の対応、ハラルマーケット、イスラム金融など、ポイントになるテーマを解説
■池上彰からのメッセージ ~中東の“現実を見て考えること~  等

池上彰(いけがみ・あきら):ジャーナリスト、東京工業大学教授。1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年にNHK入局。1994年から11年、「週刊こどもニュース」のお父さん役で活躍。2005年よりフリーに。『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズが累計130万部突破。

目次

第1章 イスラム教とは何か?―イスラム教を知らずしてイスラム世界はわからない(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3つの宗教が信じる神は実は同じ イスラム教のベースは実はユダヤ教にある ほか)
第2章 現在につながる中東の対立―現在に続く中東問題の基本とイスラム教内の対立を学ぶ(イスラム教の中の大きな2つの宗派 イランとサウジアラビアは人種も宗派も異なる ほか)
第3章 イスラムと世界の対立―イスラムと欧米諸国との対立。そのもとになった重大問題とは?(中東地域で孤立?イランは特殊なイスラム国家 イラン・イスラム革命の勃発。ホメイニ師って何をした人? ほか)
第4章 現代イスラムが抱える問題―「アラブの春」がイスラム世界に何を残したのか?(フセイン政権が倒れて果たして平和は訪れたのか? チュニジアから始まった中東の革命「アラブの春」 ほか)
第5章 イスラム世界とつきあう―地政学的にもビジネスパートナーとしてもイスラム世界とのつきあいが重要な時代に(豚インフルエンザが引き起こした宗教対立 フランスでイスラム教徒の女性の服装「ブルカ」が禁止された ほか)