電子立国は、なぜ凋落したか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

電子立国は、なぜ凋落したか

  • 著者名:西村吉雄【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 日経BP(2014/07発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 540pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822276980

ファイル: /

内容説明

かつて世界を席巻し、自動車と並ぶ外貨の稼ぎ頭だった日本の電子産業。 今や、それは夢まぼろしである。そうなってしまった本当の原因は何か。 多面的な視点で解き明かす。

2013年、日本の電子産業の貿易収支は、とうとう赤字になった。同じ2013年の生産金額は約11兆円にまで縮小する。2000年に達成したピーク26兆円の半分以下である。

電子立国とまで讃えられた日本の電子産業が、なぜここまで凋落してしまったのか。私も、この疑問から出発した。特に凋落が、なぜ他産業ではなく電子産業なのか、他国ではなく日本なのか、これを理解したかった。

そうして調べてみた結果が本書である。

目次

第1章 大きな産業が日本から消えようとしている―日本のICT産業の貿易赤字は「天然ガス」並み
第2章 分かっていたはずの「地デジ特需」終了―日本製テレビが盛んに輸出されていたのは1985年まで
第3章 100年ぶりの通信自由化がもたらしたもの―「自由化」「モバイル」「インターネット」の大波に翻弄された通信市場
第4章 鎖国のときは栄え、開国したら衰退―市場のグローバル化で精彩を失った日本のパソコン
第5章 「安すぎる」と非難され、やがて「高すぎて」売れなくなる―日本のDRAM産業の栄枯盛衰
第6章 日本の半導体産業、分業を嫌い続けた果てに衰退―半導体産業でも設計と製造の分業で進む
第7章 アップルにも鴻海にもなれなかった日本メーカー―ファブレス・メーカーとEMSが製造業を再定義
第8章 イノベーションと研究を混同した日本電子産業―技術革新はイノベーションではない
第9章 成功体験から抜け出せるか―工本主義による保護は工業を元気にはしない

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

たかしくん

30
いみじくも本著にも記載の通り、クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」の企業を日本の電子産業に置き換えてみたら、なんとその通りだったというオチでしょうね。日本の電機、通信産業が、ある時までは米国を凌駕し日本全体をリードしたはずなのに、何故?? iモードで一世を風靡した日本のモバイルは、気が付けばスマホに取って代わられ、今や「ガラパゴス携帯」になってしまいました。著者の主張する「技術革新はイノベーションではない」との一言には納得です。2015/03/24

izw

9
バブル経済期を中心に繁栄していた日本の電子産業が、2000年以後凋落している。テレビ、PC、携帯電話、半導体の状況、推移を踏まえ、凋落した原因を探っている。自動車産業はそれほどには落ちていないのは、自動車の本質は「機械」であって「電子」ではないのが一要因だとしている。同様のことが事務機器にも言えるのだろうか。2014/09/10

Kentaro

6
ダイジェスト版からの要約 北米のメーカーは、工場を従業員ごとEMSに売却する。EMSは同じ工場で同じ従業員を雇用し続けながら生産を続ける。垂直統合か水平分業かは、雇用維持とは関係がない。日本の電子産業は「安かろう悪かろう」から出発し、「値段の割に質の良い」製品を作ることに成功して大をなした。それは偉大な成功である。日本の電子産業の今後は、企業、経営者、そして技術者が、自らの成功体験から抜け出せるかどうか、そこにかかっている。むしろ、成功体験を持っていない若者にすべてを託す。それが一番の早道かもしれない。2018/04/29

Hiroki Nishizumi

4
「イノベーションは技術革新ではない。新たな分業はイノベーションである。」これに尽きるかな2015/12/31

k1nishi

4
半導体メーカーに勤めていたので、内情がわかっていたところもあるが、外から冷静に見ると、こうだったのかと思うところも多かった。日本の半導体メーカーがダメになったのは、国際的な水平分業モデルにビジネスモデルを変えることができなかったからというところは同意できる。2015/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8187071

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。