HJ文庫<br> 勇者と魔王のバトルはリビングで2

個数:1
紙書籍版価格 ¥701
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

HJ文庫
勇者と魔王のバトルはリビングで2

  • ISBN:9784798608006

ファイル: /

内容説明

イスカとの戦いを経て、イチャラブできる日々を取り戻したかと思っていた和希とリアに、和希の父から頼みごとが。ハンターに狙われた神狼の子供リルを守ってほしいと言うのだ。妹ができたと喜ぶフェルのためにも、和希は魔術の修行への想いを新たにする。一方リアは和希をサポートするための特訓を開始。ふたりはリルを守り抜く事ができるのか!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

64
バカップル化がさらに深刻化していく和希とリアだったが、神狼の子供のリルを保護する事になり、ハンター達を撃退するため、和希は特訓を始めるが…。和希が将来的にリアを幸せにする事をリアの父に誓う様子を立ち聞きしてしまい、嬉しすぎて涙がこぼれそうになるリアや、互いを意識し始めた紅音とイスカの姿にニヤニヤしてしまった。サラッと「可愛いなあ」や「好きだ」と言ってくる和希に悶えるリアや、顔を真っ赤にしながら甘えてくるリアに悶える和希が良い。紅音に謝罪文を書くも、内容が完全なラブレターになっていたイスカが微笑ましかった。2017/01/29

よっち

43
勇者と魔王ものの皮を被ったバカップルラブコメディ第二弾。いきなりイスカやリアの父親と電話で挨拶するイベントもあったりで、ベースは相変わらず和希とリアの世界に認められたバカップルへの道が描かれてました。合間に強くなるための修行や、預けられた子狼を奪いに来た襲撃者がやってきてバトルもありますが、花嫁修業の料理作成や、バカップルトークにインパクトあり過ぎて、もはや何の話だったのか、分からなくなりかけているのはたぶん気のせい。糖分過多で説明できてしまうこの話、たまに読む分には全然ありだと思います。次も楽しみです。2014/03/31

シンヤ

33
97%くらいの糖分で甘すぎるっ! イチャコラバカップルコメディ、1巻より糖分が多めです。掛け合いの甘さとテンポ感のみで走る作品ですね。非常にドリンク感覚で読めるラノベです、箸休めにはいい感じかなと。残りの糖分以外は、本当にバトル要素とかおまけにもほどがあるくらいにどうでもいい。設定は糖分に負けてる感じかなと、中二要素はそこそこなギャグ感かな。そして中身は特になしという糖分系ラノベ、いいぞもっとやれ。ここまで甘いと、他の薄さがちょうどいい位に思えるバカップルラブコメですね。胸焼けするけどこれはこれがいい。2014/04/13

ダクヲス。

28
今巻も激烈に甘い。ちょっと「~♪」や動物の意思持ちすぎ的な表現に引っかかるところがありますが、それは前作も同じような感じなのでこの作者の特色として気にしないようにします。この作品の見所は甘い雰囲気以外にもステータス開示能力や周囲の総ツッコミが面白い。もうこの作品ストーリー無視してそれだけの日常系やったほうがいいんじゃないかなwお互いの親も絡み始めた今巻、次回は魔界に行ったりしないよね、ね?期待してます。2014/04/30

アウル

28
甘い、イチャイチャぷりが止まりませんな。いろいろと笑わせてもらったが電車内で読み続けなくてよかった、そのまま読んでたら只の怪しいおっさんになるとこでした。バトル要素はおまけでいいんじゃないかな。イスカと紅音の関係もどうなるか期待していきたい。2014/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8017892

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす