河出文庫<br> 右翼と左翼はどうちがう?

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
右翼と左翼はどうちがう?

  • 著者名:雨宮処凛【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 河出書房新社(2014/05発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784309412795

ファイル: /

内容説明

右翼と左翼。命懸けで闘い、求めているのはどちらも平和な社会。なのに、ぶつかり合うのはなぜか?テロ、革命の歴史や、天皇制、戦争についての認識のちがいなど、両方の活動を経験した著者ならではの視点で噛み砕く!原発、領土問題、ヘイトスピーチなど近年起こった社会問題について書き下ろした「終章」を新たに収録。

目次

第1章 右翼と左翼と私
第2章 右翼って何?
第3章 左翼って何?
第4章 両方の活動家に話を聞こう
第5章 矛盾だらけの世の中で
終章 その後の右翼と左翼

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

GAKU

53
「14歳の世渡り術」シリーズの1冊として出版された本の文庫化なので、右翼と左翼の違いが分かり易く書いてあります。また右翼は右翼でも、左翼は左翼でも、一括りには出来ない色々な思想、活動があるのだと知る事が出来た。そしてどちらも世の中の事を真面目に考えているとも感じた。しかし私自身は「社会に不満があるから、社会や国を変えるために自ら立ち上がろう!」とはならなかったな。私みたいな“ノンポリ”は、学生運動華やかりし頃だったら、「総括」されていたかも。2018/11/22

とくけんちょ

27
右翼と左翼とはなんだろうか。難しい問題であり、とりあえず双方3人から話を聞いている。右だから、左だからこうでなければならない、対極でなければならないというのは、少し違うような気がする。本書にあるように、昨今といっても、ひと昔前か、保守であるはずの右と革新であるはずの左が逆転しているというのは首肯できる。原発事故が大きかった。あそこまでの自分の身に迫る危機に直面すれば、右も左もないんだと改めて感じた。ただ日本をめぐる国土、伝統、歴史についての認識は違うし、歩み寄りはないだろうが。2018/08/16

たんたん麺

15
現在、中国や韓国の経済成長に日本が脅かされている。「奪われた」感覚は、そちらに向かう。だけど、私たちから奪っているのは、本当にそちらなのだろうか。「1%」の、富を独占する人々ではないだろうか。あとは、あなたの判断に任せたい。ただひとつ言えるのは、今の世界は「右翼」「左翼」とシンプルに分けられるほど単純ではなくなっているということだ。この座標軸は、おそらく今後、さらに複雑になっていく。別にどっちと言われてもいいけど、これからも「命」を軸にやっていけば、そんなに大間違いすることはないように思うのだ。2014/05/16

みっちゃんondrums

12
表面的ではあるだろうけど、うまくまとめられていて、面白かった。14歳に向けて書いたらしい。道理でわかりやすい。「『命』を前にしたら、右も左もない」というのに私は共感するが…。両者とも、世の中のことをまじめに考え、人々が幸せであることを望んでいるということだ。こんな感想に「ケッ」と思う人もいるんだろうな、この本に出てきたような人たちだけではないだろうから。気を遣うなぁ、この話題は。2014/04/12

紺色灯油

11
『何かに反対している人を無力化させるのにもっとも効率がいい方法は「その人たちがおかしい人だと思わせる」ことだ』人の考え方は千差万別。右翼や左翼といった類型はあくまで便宜的なレッテルでしかなく、個人の思想や信念を知るためにはその人と向かい合ってちゃんと話を聞かないといけない。2021/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7978847

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。