「災後」の文明

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

「災後」の文明

  • 著者名:サントリー文化財団/御厨貴
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • CCCメディアハウス(2014/03発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

東日本大震災から3年。サントリー文化財団「震災後の日本に関する研究会」の議論と研究成果が一冊に。

被災地復興、自衛隊、グローバル化、天皇制、ソーシャルメディア、リスボン地震……をキーワードに、政治学、経済学、社会学など各分野から豪華執筆陣が、災後の日本をこれからどう創っていくかを論じる。

目次

第1部 政治の反転(復興政策への期待と政府の能力 二つの「災後」を貫く「統治」 多重防御と多機関連携の可能性 東日本大震災と国民の中の自衛隊)
第2部 恐怖と共感(「戦後」の恐怖と「災後」の希望 リスボン地震後の知の変容 共感、愛着、および国民的偏見―アダム・スミスの場合 東日本大震災と「政治的なもの」)
第3部 災後の気分(震災後の日本人の幸福度と助け合い精神 「災後」メディア文明論と「輿論2.0」 ソーシャル・ネットワークと群れの政治―再魔術化する日本)
第4部 グローバル化と災後日本(東日本大震災と関東大震災からみえる日中関係 二つのツナミの間で 企業が国家を選ぶ時代と震災体験 国内連携とグローバル化)