角川コミックス・エース<br> 箱庭の令嬢探偵(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

角川コミックス・エース
箱庭の令嬢探偵(1)

  • 著者名:立花慎之介/おかざきおか
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • KADOKAWA(2014/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041209578
  • NDC分類:726.1

ファイル: /

内容説明

不眠症に悩む高校生・晶がネットの評判を頼りにたどり着いたのは、「箱庭探偵社」。主でお嬢様霊能探偵・優衣と、ドSで過保護な執事・九条は、晶の不眠症は霊の仕業だと突き止めたが…!?新感覚霊能ミステリ第1巻

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっちゃん

16
オカルトに興味のある男の子とミステリアスなご令嬢とその執事の話です。 なんというか、ちょっと物語が突然過ぎて流れも早くてあんまり感情移入出来ませんでした。ミステリーを売りにしているようですが、断然ファンタジーです。絵は割と可愛いですが、霊能モノ向けではない気がします。2013/12/28

こと

8
原作があの声優の立花慎之介さんということで買いました~絵もすごくきれいなんだけどストーリーの軸がブレブレで・・この漫画一体誰が主人公なの?みたいになりました。探偵?ミステリー?ホラー?いろんなことを詰め込みすぎて散漫になってて主軸が読者に伝わってこないんだけど~あとで何の話だっけ?って混乱します2017/09/27

桜流し

7
原作者が好きな声優さんだったので、気になって購入。小さい頃に会った幽霊を探しているオカルト好きの男子高校生と、霊能探偵のお嬢様とその執事が登場するオカルトものです。帯には霊能ミステリーとあったのですが、ミステリーさは感じられず。また、主人公は誰?状態で、お嬢様と高校生のどちらを中心に展開を追いかけて行けばいいのか、よくわからなかったです。さらに3話あたりからは話の方向性もわからなくなってしまいました。続きはどうしようか悩むけれど…うーん、今後に期待かな;2014/01/19

まろん

6
お話の発想はすごく好き。ただ、展開が速すぎるのと、個性豊かなキャラクター達を生かしきれていないような印象を受けてしまうのが少し残念。もっとキャラクターを知ってから終盤の展開だったら、グッと引き込まれていたかも。2014/05/06

ひかる

5
立花さん原作ということで読んでみた。タイトルに探偵とあったので、ミステリーものを想像していたのですが、オカルト+アクションものといった印象。とりあえず九条さんがかっこいいです。2013/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7860349

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす