ファミ通文庫<br> アリストクライシ2 Dear Queen

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

ファミ通文庫
アリストクライシ2 Dear Queen

  • ISBN:9784047292116
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

「黒森に近づく人間は姿を消す」その噂に『穴蔵の悪魔』の気配を感じたエリーゼとグランは、黒森の中にあるという廃村を目指していた。そこで出会ったのは明るく居丈高な少女・アリシア。エリーゼの忠告で逃げだそうとした彼女を、突如として現れた巨大な鎧が連れ去った。鎧を追い『領地』へ侵入した2人が見たのは、傷は治され死も終りも訪れない、永遠に続く『戦争』を行う人間達だった――。儚く哀しい化け物たちのダーク・ファンタジー第2幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひめありす@灯れ松明の火

46
領地は終わらない戦争。もはやなぜ戦うのか、理由を消失してしまったその村で。戦争が終わらないという事は、希望が終わらないという事。この状況さえ抜け出せれば、あとは幸福なハッピーエンドが待っている。そう信じていられるから。戦争が終わらないという事は、絶望がはじまらないという事。この状況を抜け出せなかったら、あとは悲しげなエンドロールが待っている。戦争が終わらなければ、本当の絶望ははじまらない。だから耐える、この瞬間を永遠に。揃い踏んだ二人の台詞、ニーナ・ローズの散らされた歌など、作者の言葉の力量を堪能しました2014/06/12

(●▲●)とらうまん(*^◯^*)

24
1巻より読みやすかった!普段は理性的なのにちょいちょい口調が荒れるエリーゼかわいいですw 安定の綾里文体に章構成が安定マッチしてきたなと、たまに和むやり取りも閉鎖された異常な世界観のなかで良いアクセント。 3巻も楽しみ、グランとの関係やアリシアとの再会など見所もたくさんあるし、これからの動向に注目ですね♪2014/01/25

まりも

21
今回の話も幸せなハッピーエンドでは無いけどすごく綺麗な終わり方だった。 グランの活躍が少なかったのがちょっと残念だったけどその分弱い人間の強さを肯定したエリーゼはすごくかっこよくて主人公らしかった。展開は前回と同じような感じだったけど人間が深く関わる事で更にこの物語が広がったように思う。 次巻はグランにもっと活躍してほしいです。2013/12/06

シンヤ

20
やはり読み口は、黒い西洋の童話(御伽噺)かな。さらりとしたダークさが重過ぎないところがゆえに恐ろしいかなと。基本的な骨子は前巻同様ではありますが、俯瞰点を駒を変えた箱庭と言ったところでしょうか。ストレートな残酷さ、故に美しさを引き立てる遊戯という感じでしょうか。透き通る悪意。盤上の駒の采配が上手い作品だと思います。いい気味の悪い童話ですね。作品の雰囲気、展開の上げ下げも良好です。人物の掘り下げについては今回は大きくは無く伏線が広がった感じですかね。パッピーエンドではないが美しく強く儚く残酷な物語です。2013/12/31

T.Y.

18
今回の敵の「領地」は、怪我をしても治され、人々が永遠に戦争(もどき)を続ける村。城に籠もって出て来ない「支配者」――穴蔵の悪魔を降臨させるための作戦とは…。人間の弱さと強さが交錯し、支配者の掌の上で弄ばれ続けた村人の気概が、抵抗が実ったと思ったところで突き落とすのはさすが、いつも通りの作風。それでも、同胞に対する孤独な戦いを続けるエリーゼは人間の強さを肯定する。残酷ながら真っ直ぐな美しさを感じさせる物語。今回、グランに関してはあまり動きなし。そして、新たな敵幹部も登場か。2013/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7661954

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす