ほんとうの構造主義 言語・権力・主体

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

ほんとうの構造主義 言語・権力・主体

  • 著者名:出口顯【著】
  • 価格 ¥946(本体¥860)
  • NHK出版(2015/10発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

レヴィ=ストロース、バルト、ラカン、フーコー。
誤解を一掃し、現代的意義を見出す
二十世紀半ば、それまでの哲学・社会思想の基盤を崩壊させてしまった構造主義。世界を席巻する思想となったが、いわば早すぎた流行であり、その真に革命的な意義は理解されていなかった。自己責任、自己啓発、「絆」への賞賛が氾濫する現代にこそ見直されるべき原典を読み解く、構造主義“再入門”。

[内 容]
はじめに
序  章シベリアのラカン
第一部 主体と作品の解体
 第一章 作者はなぜ死んでいるのか
 第二章 言語は何を伝えるか
 第三章 「構造」とは何か
 第四章 「神話が考える」とはどういうことか
 第五章 類似から相似へ
 第六章 権力はいつ変容したか
第二部 権力と主体の解剖
 第七章 代理から代替へ
 第八章 古代における「主体化」
 第九章 言語の権力を揺さぶる
 第十章 悲劇の人格論
 第十一章 「ない」という「ある」こと
第三部 今こそ読み返す
 第十二章 人を喰う社会と人を吐き出す社会
 第十三章 分人論を先取りし、のりこえる
終  章 新世界のレヴィ=ストロース
注  釈
あとがき