秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

秀吉家臣団の内幕 天下人をめぐる群像劇

  • 著者名:滝沢弘康【著】
  • 価格 ¥756(本体¥700)
  • 特価 ¥378(本体¥350)
  • SBクリエイティブ(2015/05発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

信長の跡を継ぎ天下統一を成し遂げた豊臣秀吉。その天下人への歩みをたどりながら、秀吉と彼を取り巻く群像のドラマを描き出す。「二兵衛」こと竹中半兵衛と黒田官兵衛、子飼衆の石田三成や加藤清正、家臣団を差配した弟・秀長、そして知られざる「羽柴四天王」などが織り成した、秀吉の生涯を論じぬく一冊。家臣団の構造や変遷は、現代の組織論に通じるところもあるだろう。

目次

第1章 創業期―手づくりによる家臣団
第2章 建設期―“即戦力”と“先行投資”
第3章 伸長期―粉骨砕身する官兵衛
第4章 変革期―旧信長家臣の吸収
第5章 運用期―取次と吏僚派奉行の台頭
第6章 分裂期―派閥抗争と三成の矜恃
終章 崩壊期―豊臣政権瓦解の真相とは