角川oneテーマ21<br> 群れずに生きる

個数:1
紙書籍版価格 ¥843
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

角川oneテーマ21
群れずに生きる

  • 著者名:筧利夫
  • 価格 ¥842(本体¥780)
  • 特価 ¥421(本体¥390)
  • KADOKAWA(2013/09発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

数多くの舞台やドラマ、映画で活躍する筧利夫。実は小さい頃から「集団行動が苦手」だったという。「演じる」という個人作業と「演劇」という共同作業の振り幅の中で、改めて見つめ直す、一人の人間としての生き方。

目次

第1章 五十にして惑い、天命を知る?(五十歳からどう生きていくのか 以前よりも「ワガママな大人」になってきた ほか)
第2章 「演劇」に生きるということ、「社会」で生きるということ(演劇の稽古場は「職場」だ! 「新たな人間関係」の構築 ほか)
第3章 「目標」は必ず達せられる!(僕は中学のときから俳優になると決めていた 風に運ばれる人生 ほか)
第4章 「一年後の自分」は自分がつくる!(暇とターニングポイント 「今の自分」が悪いのは「過去の自分」が悪い ほか)
第5章 「家族」あるいは「成功」について考えてみる(父からの遺伝、母からの遺伝 母と父の死 ほか)