日常生活のなかの禅 修行のすすめ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

日常生活のなかの禅 修行のすすめ

  • 著者名:南直哉
  • 価格 ¥1,674(本体¥1,550)
  • 講談社(2013/09発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

日常生活の底に突如開く深淵――無常。根拠なき生をかかえ、「このままでよいのか」という想いにとらわれるとき、禅はラディカルな技術(メチエ)となる。永平寺の若き俊英が、釈尊・道元の教えを元に仏教思想を根幹から説き起こし、現代における禅の可能性を探る、アクチュアルな坐禅のすすめ。 (講談社選書メチエ)

目次

第1章 「根拠」の外部へ―本当の「自己」とは何か
第2章 煩悩のトライアングル―「苦」としての実存
第3章 システムとしての存在―「縁起」の思想
第4章 「自己」とは何か―「方法」としての因果
第5章 「自己」の倫理―生き方の基準はいかに決まるか
第6章 坐禅とは何か―「非思量」を知る
第7章 生のテクニック―「恭敬」の作法