オーバーラップ文庫<br> 時渡りの〈紅女神騎士団〉(スカーレット・ナイツ) 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

オーバーラップ文庫
時渡りの〈紅女神騎士団〉(スカーレット・ナイツ) 1

  • ISBN:9784906866298

ファイル: /

内容説明

「どうか私たちの国を、人々を救ってください」
ヴァンデール帝国最強を誇る紅女神騎士団〈スカーレット・ナイツ〉は仕えていた帝国上層部の陰謀により、過去の世界へと飛ばされてしまう。騎士団の切り込み隊長であるキルサスと若き少女団長ルーシアは、転移先でルーシアの先祖である聖法国セイムローザの姫君セレネと出会い、その優しさに心を動かされて歴史に介入することを決断する。戦乱が巻き起こる直前の時代に置いて、未来から来た騎士団がどのような戦いを繰り広げていくのか、知るものはまだいなかった。
壮大なスケールのファンタジー&タイムリープ戦記がいま幕を開ける!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

30
ヴァンデール帝国で貴重な戦力だった紅女神騎士団が、上層部に疎まれた結果魔法陣で100年前に飛ばされ、かつて帝国が滅ぼしたセイムローザの姫君と出会い、それを助けて帝国に立ち向かうお話。技術革新はあったみたいですけど、騎士団は非戦闘員含めて200人規模なんですね。設定とかディテールの細かいところとか、突っ込み入れると色々ありそうですが、そういう部分をあまり気にせずさらっと流して読める方なら、魅力ある女性キャラも多く、ある程度お話としての指針も見えていて、楽しめるんじゃないかと思いました。自分は面白かったです。2014/04/05

シンヤ

17
設定、コンセプトは面白い。しかし使い切れていないかなといったところかな。ストーリーも爽快感があるが、違和感を感じるところがいろいろとあって粗い感じの作品。加点形式ならいい感じだが、減点形式だとちょっと厳しいかな。ハイ・ファンタジーとしては、細かいことを気にしなければ楽しめるかなという感じですかね。後半駆け足ですが、ラノベらしいと言えばラノベらしいな。逆に舞台設定、背景説明などが不足しているため軍記物として捉えると欠陥品かなと。読み方次第で評価が分かれるかな。コンセプトとテンポはいいのでこまけぇこたぁ(略2014/01/26

豚山田

13
タイトルで購入。大好きな時間遡及ものと期待しての取り組みでした。なので感想はそこに尽きます。「時間を渡った意味がひとつもない」これはちょっと…かなり期待を外してしまいました。文章や物語がソツなく纏まっていただけに残念。ドカッとかキィンとかの直接的な効果音を用いない文章は読み易く好印象で、物語も教科書通りの無難な展開。後は時間遡及が生かされた衝撃のラストを待つばかり、だった筈です。なので…いつの間にか綿あめが舌の上で溶けたかの様に終わった物語に呆然でした。ならば作者はこの物語の何を読者に読ませたかったのか…2014/09/16

たく@ぼっち党員

11
ファンタジー。ラブコメ要素も多め。下の上。ファンタジー世界から同じファンタジー世界へ過去トリップ。珍しいっちゃー珍しいが、パッとしない。設定も活かしきれてない感。まず、設定自体も説明不足。背景が描ききれてない。国、兵の規模がわからない。唯一わかるのは、主人公が所属している騎士団だけだし。無理して過去トリップした意味は…?設定もだが、話としてもパッとしない。ファンタジーとしては楽しめないが、ラブコメとしてはまぁまぁかなと。次は買わないかな。2014/02/19

まりも

10
主人公一人だけじゃなく騎士団そのものが過去にタイムスリップするという設定は面白いな。 騎士団にしては女性キャラが多いけど補給や家事といったサポート部隊のおかげでそこまで違和感を持たなくて済みますね。様々な能力を持った武器をチーム単位で使い戦う戦闘も面白い。散らばっていった神器を巡って戦うことになったし続きが気になるシリーズですね。2013/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7119662

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。